2016年 02月 29日

日曜日の授業風景

今日はBSA A65DAY ねじ周な一日でした。



1971BSA A65


a0248662_8412374.jpg

a0248662_8414035.jpg

a0248662_842062.jpg
a0248662_8421174.jpg
a0248662_8422256.jpg

久しぶりに登場のTさんのBSA
まずはクラッチセンターのリテーニングプレートのねじ山ヘリサート。
溶接されていたクラッチスリーブは新品にしてクラッチ周り仮組みして、チェーンホイールのスラストチェック。

a0248662_914776.jpg

a0248662_8424182.jpg

a0248662_8425964.jpg
a0248662_843995.jpg
a0248662_8432364.jpg
a0248662_8433472.jpg

こちらはカムプレート・プランジャープラグ部分のねじ山修正。
信用できる面がないケースをどうにか斜めにセットして、穴部分の垂直をだす。
下穴を開け、ヘリサートタップでねじ切り、座面を出し、コイル注入。
うまくいって一安心。





1968BSA A65

a0248662_8443799.jpg

a0248662_8444883.jpg
a0248662_845572.jpg

a0248662_8452563.jpg

a0248662_84619.jpg

a0248662_8461478.jpg

a0248662_8462690.jpg

NさんのBSA、こちらもケース周りの螺子修正。
スカベンジカバーのスタッドは中折れしたボルトを残したまま位置をずらし、メートリックのスタッドボルトをぶち込まれていました。中折れしていたスタッドを削り取り、次回穴埋めしてねじ山を作ります。
先ほどの70年代のBSAはケース周りの螺子穴がアメリカインチに対し60年代のこちらはイギリスインチ。
タイミングカバー側・プライマリーカバー側のねじ山はBSC。ケースボルトのねじ山はBSF。以前にメートリックをぶち込まれているところもある。
という感じで混乱しつつ、ひとつひとつ螺子を確認しながら螺子修正な一日でした。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-02-29 09:18 | その他 | Comments(0)


<< 月曜日の授業風景      1980XLH1000 車体周... >>