Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2016年 02月 18日

1947FL1200 タイミングギア周り

今日はIさんのナックルヘッド・タイミングギア周りのお話。
前回カムブッシュの交換作業が終わり、その続き。

a0248662_23299.jpg


a0248662_2322525.jpg

a0248662_2323786.jpg

まずは段付きに減っていたサーキットブレーカーギアシャフト、アイドラーギアシャフト交換。

a0248662_2325084.jpg
a0248662_233136.jpg
a0248662_2331215.jpg
a0248662_2332346.jpg

アイドラーギアシャフトブッシュはシャフトを交換してもガタがあったのでブッシュ製作、交換。
サーキットブレーカーギアブッシュは状態が良くそのまま。


a0248662_2381028.jpg

カムギアシャフトのスラスト量は1.4mmの厚みのシムを入れ、スラスト量0.15mmに。

a0248662_2333995.jpg

でここからはピニオンシャフトのお話。

a0248662_2335966.jpg
a0248662_2341485.jpg
a0248662_2342666.jpg

ピニオンシャフトベアリングレースはRテックさんでスプロケット側、タイミング側のラインを出しラッピング済み。ピニオンシャフトブッシュもついでにラインを出し製作してもらいました。

ピニオンシャフトベアリングレース38.12mm ピニオンシャフト径25.395mm ローラーサイズSTDで6.35mm でクリアランス0.03mm

a0248662_2344782.jpg

もともと付いていたピニオンシャフトベアリングのローラーケージ(純正)のものが虫食いがあったので新品シフトン製のものにかえたものの、精度が悪くローラーを入れシャフトを挿すと渋くなってしまいました・・・。
とりあえず元々付いていたものでチェック。いやいや困ったものだ。

a0248662_235733.jpg
a0248662_2351988.jpg
a0248662_2353133.jpg

カムギア、アイドラ、サーキットブレーカーギア、ピニオンシャフト&ギア、ローラー、ガスケットを組み付け。回りっぷりチェック。
引っかかるところや渋くなるところ無くO.K。

a0248662_2354610.jpg

タペットのチェック。

a0248662_2355672.jpg

a0248662_236891.jpg

タペット径とタペットガイド計測。
クリアランス0.05mm~0.06mm タペットの距離が長いナックルさんはこのぐらいのクリアランスで問題ないだろうということでO.K。

a0248662_2361913.jpg

タペットローラーのクリアランスは0.02mm~0.03mmで問題無し。
このあたりは以前に交換されていたのでしょう。

というわけでタイミングギア回りのチェックごとが終わり次回はクランク回り。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-02-18 23:31 | 1947FL1200 | Comments(0)


<< 1978XLH1000 クラン...      1978XLH1000 トラン... >>