Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2016年 02月 17日

1978XLH1000 トランスミッション調整

今日は修理依頼のアイアンスポーツ、トランスミッションの調整ごと。
まずはシフター位置調整。

a0248662_1124797.jpg
a0248662_112575.jpg
a0248662_113735.jpg

メインシャフト、カウンターシャフト、シフター周り徹底清掃。

a0248662_1131982.jpg

もともとカウンター側に付いていたシフターフォークは大分減っていたので交換。
加工しないと付かない社外の物はやめ、純正NOSものを使います。

a0248662_1134055.jpg

組み付けシフト位置チェック。

a0248662_115153.jpg
a0248662_1151677.jpg

まずはカウンターシャフト2速位置チェック。(2ndギアと3rdギアのドッグ結合)
ドッグギアの入りっぷりが少々悪い。

a0248662_1152873.jpg

シフターフォークをSTDサイズから+.020”のものに交換。
(フォークの距離が変わります。)

a0248662_1154679.jpg

2速のギア位置O.K。

a0248662_116214.jpg
a0248662_116153.jpg

2速のギア位置がでてシフターフォークサイズが決まったところで、シムの厚みで1STギア位置を調整します。

a0248662_1163187.jpg

1stギアO.K


a0248662_1165017.jpg

a0248662_117457.jpg

こちらはメインシャフト側、3速・4速。
もともと付いていた+.020”サイズのシフターフォークでO.K。

a0248662_1173885.jpg

シフター位置が決まり、次はメイン・カウンターそれぞれのスラスト調整。


a0248662_117564.jpg

a0248662_118825.jpg


a0248662_1182962.jpg

まずはメインシャフト側から。
大量のスラストシムから適正の厚みのシムを選択。
スラスト量0.2mmに。

a0248662_1184389.jpg

a0248662_119694.jpg

カウンターシャフト
こちらも同じくシム調整しスラスト量0.15mm。






1964XLCH900

a0248662_1192110.jpg

以前、配線引きなおしをしたSさんのアイアンスポーツ。
配線を少々手直し。

a0248662_1194679.jpg

a0248662_120646.jpg

ベンディックスキャブからケイヒンバタフライにコンバート予定のためケイヒンキャブ周りの手直し作業。
まず、使うスロットルケーブルに合わせ、ケーブルフィッティング製作。
インナーケーブルの長さの調整はいらず良かったです。(同じケイヒンバタフライキャブでも年式によりケーブルの長さが異なる)

a0248662_1202379.jpg

a0248662_1203366.jpg

マウントスタッドの目螺子がなめていたのでヘリサート加工。

a0248662_1205647.jpg

フロートレベルチェック&漏れチェック。
加速ポンプダイアフラムが駄目だったので交換。



a0248662_222133.jpg






a0248662_1211831.jpg

夜はE本氏がブツブツいいながら溶接作業。
そんなこんなで夜が更けていきます。





span style="color:rgb(255,102,51);">レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-02-17 02:00 | 1978XLH1000 | Comments(0)


<< 1947FL1200 タイミン...      月曜日の授業風景 >>