Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2016年 02月 03日

1960 VELOCETTE VIPER 配線引きなおし・ダイナモチェック

今日は修理依頼のベロセット・バイパー、配線が焼けてしまっていたので配線引きなおし。

a0248662_115470.jpg


a0248662_122633.jpg
a0248662_12565.jpg
a0248662_13627.jpg

バッテリーの+配線、ダイナモのD+、Fの配線、レギューレーターのアース配線が焼けてしまっていました。
これは発電系の問題。でダイナモの配線を見てみるとD+端子とF端子が逆に配線されたいました。
とうぃえ、配線が焼けてしますのか?配線図を眺めつつ電気の流れを考えたもハッキリとした正解が考えつかず・・・。とりあえず正しい配線をしてダイナモをまわして見ます。

a0248662_132461.jpg
a0248662_13351.jpg

汚れていたSWは清掃。台座のブラスチックが割れていたディンプSWは新品に交換。

a0248662_135332.jpg
a0248662_14747.jpg
a0248662_142511.jpg

で配線引きなおし。

a0248662_15770.jpg

無事を祈りつつダイナモもチェック。
アーマチュアのコミュテーター、セグメント溝清掃。

a0248662_152015.jpg

a0248662_155480.jpg

a0248662_16659.jpg

フィールドコイルとレジスタンスの抵抗チェック。
マニュアル値はフィールドコイルの抵抗値は4Ωぐらい、レジスタンスコイルは7Ωぐらい
レジスタンスはD+とF端子でチェック (図D・S) フィールドはFとブラシ-端子(図S・N)で計測。
どちらも問題無しで一安心。コイルは無事でした。

a0248662_174243.jpg



a0248662_161951.jpg

ダイナモ組み付けモータリングチェック。
くるくる回り問題なし。ダイナモ無事です。
次回車体に取り付け、エンジンをかけレギュレーターチェックです。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-02-03 01:49 | 1960 VELOCETTE VIPER | Comments(0)


<< 1947FL1200 カムブッシュ      月曜日の授業風景 >>