2016年 01月 31日

1968BSA A65 エンジン腰下周り計測作業

今日はNさんのBSA A65の計測地獄作業、腰下編です。

a0248662_1947762.jpg
a0248662_19473610.jpg
a0248662_1948170.jpg

スラッジチューブプラグが固着し抜けなかったので、六角棒をプラグに溶接し抜き取り。
スラッジチューブ内清掃し、計測開始。

a0248662_19481798.jpg

ビッグエンドジャーナルは大きな傷など無く良好。ドライブサイド42.83mmタイミングサイド42.84mmでほとんど減っていないです。

a0248662_19483237.jpg

コンロッドビッグエンドメタルボア計測。
コンロッドナットを規定トルク30N.mで締め付け計測。
タイミング側、ドライブ側ともにクリアランス0.05mm~0.09mm横方向(進行方向)が広がってしまっています。こいつはメタル交換。

a0248662_19484380.jpg

ピストンピンブッシュ計測。ピンに対し0.02mm~0.06mm縦方向に楕円になっています。
こちらもブッシュ交換。

a0248662_1949452.jpg

BSA A65の肝の部分、タイミングサイドのクランクシャフト。
タイミング側のクランクシャフト軸受けがブッシュのA65、オイルポンプから圧送されたオイルはブッシュから受けのクランクシャフトを通りビッグエンドジャーナルを潤滑します。
シャフトとブッシュのクリアランスが多くなるとビッグエンドへのオイル量が少なくなってしまいます。

というわけで計測。
クランク外側38.06mmクランク内側は38.02mm内側は0.04mm磨耗しています。
38.06mmは磨耗していないSTDサイズ。(真ん中溝の部分がオイルライン)
シャフトの研磨が必要ですな。 

a0248662_19492285.jpg

ブッシュボア計測シャフト系に対し0.06mm~0.11mmのクリアランスでこちらも駄目。
シャフト研磨後、アンダーサイズブッシュで対応します。

a0248662_19493896.jpg

カムシャフト計測。
ドライブサイド側は20.57mm タイミングサイド側は22.20mmでこちらはほぼ減っていない。

a0248662_19494977.jpg

a0248662_1950731.jpg

カムブッシュ側も計測。
タイミング側は+0.08mm ドライブ側は+0.27mm随分広がっています。


a0248662_19523658.jpg

アイドラギアシャフト&ブッシュもシャフト径18.43mmに対し+0.08mm

タイミングギア周りのブッシュはすべて交換ということになります。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-01-31 23:56 | 1968BSA A65 | Comments(0)


<< 月曜日の授業風景      1974XLH1000 ヘッド... >>