2016年 01月 31日

1974XLH1000 ヘッド周り作業

今日は部分修理で入学したKさんのアイアンスポーツヘッド周りのお話。

a0248662_018520.jpg

a0248662_0183052.jpg

a0248662_0191289.jpg

ガイド抜き取り後、ヘッド側ガイドホール径計測。
フロントIN・EX、リアEXは状態良く16.32mmで楕円、変形なし。
鉄ヘッドのアイアンスポーツはここがやられていることが少なくほとんどSTDサイズのガイドでいけるのですが残念ながらリアINは変な傷あり・・・この話は後で。



a0248662_0193012.jpg
a0248662_0194185.jpg

状態がよかったガイドホール用のバルブガイド前加工。
KIMI製の鋳鉄ガイドSTDサイズをガイドホール径+嵌め代のサイズに外径研磨。

a0248662_0195314.jpg
a0248662_020125.jpg

バルブステム径+クリアランス分のサイズのリーマーで内径拡大。

a0248662_0203055.jpg
a0248662_0204463.jpg

ガイド圧入。圧入っぷりはよい感じ。嵌め代分縮んだ内径をリーマー加工。

a0248662_0205419.jpg

フロント側はO.K。次回シートカット・すり合わせ。


a0248662_0211379.jpg

問題のリアINのヘッド側ガイドホール。
以前ガイド圧入時にガイドが齧ってしまったのか、傷が入ってしまっています。
ちゃんと計測も出来ないので、一旦リーマーを通してみます。


a0248662_0241089.jpg

a0248662_0221615.jpg

というわけでリーマー冶具製作。


a0248662_025027.jpg
a0248662_0251062.jpg

とりあえず0.05mm程度内径拡大。
リーマーを通したことで全貌が判る。
つるっとしたところがリーマーの刃があたったところで、傷の深さは0.1mm程度でなかなか深いですな・・・。
もう少しリーマーを通し傷が少なくなったところのサイズでガイド加工します。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-01-31 00:55 | その他 | Comments(0)


<< 1968BSA A65 エンジ...      1960 VELOCETTE ... >>