2016年 01月 30日

1960 VELOCETTE VIPER プライマリー・ホイール組み付け

修理依頼のベロセット・バイパー
とにかくベロセットのプライマリー周りはクリアランスが少ないので、確認しつつ組み付けていきます。

a0248662_175770.jpg


a0248662_181464.jpg
a0248662_182694.jpg

a0248662_18464.jpg

スリーブギアシムは交換し取り付け、クラッチスプリング、スリーブギアのクリアランス調整。
実際にキックスターターでクランキングしながらクラッチ調整。
滑らずちゃんとクラッチが切れるところにします。実際に走ると状況が変わることが多いのでここはとりあえず。

a0248662_185693.jpg

アウタープライマリーカバーを取り付け、干渉しているところが無いかチェック。
チェーンも干渉無く、クラッチを切っても問題なし。(リリーシングディスクが開いて干渉するときがよくある)

a0248662_191364.jpg
a0248662_192433.jpg

ベルトが水平になるようにダイナモの位置を出し、カバー取り付け。
分解前、プーリーとカバーが干渉していましたので、ここも光明丹をつけチェック。
ほつれてきていたベルトは交換。

a0248662_110648.jpg

リアホイール周り。
スピードメーターギアが固着してホイールと供回りし、やられてしまっているので交換。

a0248662_1413372.jpg

a0248662_1442219.jpg

スピードメーターを回す役目もしているベアリングリテーニングリングが回ってしまっています。
逆ネジになっていて進行方向には回らないのですが、メーターギアが固着し車体を後ろに動かしたときに、外れる方向に回ってしまったのでしょう。そのせいでギアが押され駄目になったのでしょう。

a0248662_111961.jpg

ついでにホイール周り清掃しチェック。

a0248662_1111973.jpg

ブレーキ周りはブレーキカムにもガタ無く、シューもまだまだいけます。

a0248662_1113195.jpg

ホイールベアリングもまったく問題なし。

a0248662_1114442.jpg


a0248662_112912.jpg

a0248662_1123825.jpg

というわけで取り付け。
新品スピードメーターギアのシール部分が干渉していたので、手直しし取り付け。


a0248662_1131739.jpg

随分伸びていたDチェーン交換。
元々ついていたのはレイノルド製。試しにEKのノンシールチェーンをつけてみたものの、やはりプライマリーカバーに干渉してしまいます。

a0248662_1133160.jpg

チェーンを比べてみる。
EKのノンシールチェーンは結構薄い方だけど、比べてみるとレイノルドは随分薄いです。プレート自体が薄いな・・・。

a0248662_1135455.jpg

a0248662_114630.jpg

ピン幅で見てみると、EK21.4mmに対しレイノルド18.6mm 2.8mmも違うのですね。こりゃ駄目だ。


a0248662_1142280.jpg

a0248662_114361.jpg

というわけで新品レイノルドチェーンに交換。干渉無くなりガタも無くなりました。



a0248662_1163676.jpg

a0248662_117639.jpg

a0248662_118594.jpg

でそろそろ試乗と思いきや、配線が焼けてしまっていることに気がつく・・・。
ダイナモ、レギューレーター、バッテリー周りの配線がやられている。
ダイナモの配線を見てみると、D+とFの配線が反対につけられていたようです。

次回配線引きなおし、ダイナモチェックです。

by sgf1906 | 2016-01-30 02:09 | 1960 VELOCETTE VIPER | Comments(0)


<< 1974XLH1000 ヘッド...      1982TRUMPH T140... >>