Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 28日

1982TRUMPH T140ES タイミングギア組み付け、オイルポンプチェック

今日はNさんのトライアンフ、タイミングギア、オイルポンプ周りの本組み作業。

a0248662_13443714.jpg


a0248662_1345222.jpg
a0248662_13451368.jpg
a0248662_13452558.jpg
a0248662_13453970.jpg

カムギアキーを紛失し本組み出来なかったタイミングギア周り。
先日行われたおパーティーに主席してもらったトラヴィス栗崎君にキーを自ら空輸してもらい無事組み付け。
タイミングあわせマークは車種ごとに違うのですがT140はこの組み合わせ。


a0248662_13462872.jpg

a0248662_13464290.jpg

a0248662_1358812.jpg

オイルポンプ分解・チェック。
この年式のオイルポンプはボールバルブが4箇所、フィード側、リーターン側それぞれ2箇所ずつついています。(650ccのポンプはフィード、リターンそれぞれ1箇所づつ計2箇所)
逆流防止のために新たに増設されたバルブと思われますが、どれぐらい効果があるかは不明。
プランジャータイプのオイルポンプはエアをかんでしまうと、オイルを吸い上げなくなるので、その防止だろうか?
フィード、リターンともにシリンダーのボア径は650ccモデルと750ccモデルで変わらず。


a0248662_1424099.jpg

a0248662_143468.jpg

ケース側とポンプ側の面チェック。

a0248662_13592172.jpg

オイルの経路を確認。
オイルポンプで加圧されたオイルはカムカバーを通りクランクシャフトへ、クランクシャフトを通りビッグエンドジャーナルを潤滑。
またカムカバーをオイルはプレッシャーランプとリリーフバルブへ。
リリーフバルブは油圧が上がった過剰量のオイルをギアケース内に戻す。
このモデルはEXタペットブロックへのオイルラインは無し。
ヘッド側はリターンのオイルラインから。

a0248662_13593851.jpg

カムカバー側にオイルシールを取り付け、オイルポンプも組み付け。
マニュアルの締め付けトルクは7N.m。

a0248662_1484284.jpg

a0248662_13595253.jpg

オイルフィードチェック。
問題なくビッグエンドジャーナルを濡らしています。


a0248662_140559.jpg

a0248662_1401646.jpg

リターン側もチェック。
ポンプ内にエアがありなかなか吸い上げない。
リーターン側のバルブカップを開けオイルを補充すると、無事に戻って来ました。






関係者各位

先日は私ごとのパーティーに大勢の方がご出席いただき非常に感謝しております。
一人ひとりちゃんとお話が出来ず、心苦しいところもありましたが、皆様のおかげで良い日になりました。
有難う御座いました。
これからもより一層バイクと向き合っていきます。私に何か出来ることが御座いましたら何時でもご連絡下さい。
これからも宜しくお願いします。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-01-28 14:59 | 1982TRUMPH T140ES | Comments(0)


<< 1960 VELOCETTE ...      土曜日の授業風景 >>