2016年 01月 19日

1955FL1200 ビッグエンドベアリングレースラッピング

今日はYさんのパンヘッド、コンロッドビッグエンドベアリングのお話。

a0248662_1221328.jpg

ベアリングレース内径はフロント側41.26mm~41.29mmで0.03mm縦方向に楕円。
リア側タイミング側は41.26mm~41.29mmで同じく0.03mm縦方向に楕円。
ドライブ側は41.26mm~41.27mm楕円は小さいものの他のところ比べ最大値が小さい。
こいつをラッピングし、現在の最大値41.29mm程度で真円し、オーバーサイズのローラーで0.02mm~0.03mm程度のクリアランスにするというわけです。
今回は大分磨耗していたラッパーを新しくしました。

a0248662_1222356.jpg

a0248662_1223440.jpg

おおー新品ラッパー流石っという感じでフロント側、リアともに41.29mmの真円に。
正確には縦方向41.29mm横方向41.285mmといったところ。この差0.005mmを追っていくと、どんどん広がっていくのでやめておきます。

この作業下手にやると、レースがラッパ状(レースの出口が広る)になり、真ん中と外側でレースの寸法が変わってしまいます。そうすると手直しが面倒なので、ラッパーとレースにガタが無いようにセットし地道に研磨していきます。


a0248662_1224580.jpg
a0248662_1225529.jpg


というわけでラッピング終了。
ビッグエンドレース内径41.29mm ピストンピン31.72mmなので ローラーサイズ4.772mm(0.0004”オーバーサイズ)のものを使いクリアランス 0.026mmということになりました。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-01-19 01:47 | 1955FL1200 | Comments(0)


<< 平日の授業風景      日曜日の授業風景 >>