Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 16日

1982TRUMPH T140ES クランク組み付け

何日かぶりのブログ更新です。なんだか久しぶりな感じです。
年明けからぎっくり腰をやり、風邪をひき、しまいにはノロウィルスにかかりました・・・。
急な嘔吐と高熱で終了。
病院の先生いわく、新型ウィルスは「ノロ川崎」 はじめに川崎で見つかったそうです。
そういえば今年厄年、やっぱりそういうのあるのかしら。
ともあれすっかり回復し、生徒さんも発症しなかったようなので良かったです。


というわけで今日は無事だったNさんのトライアンフのお話。
タイミングギア周り、ギアボックス周りの仮組みが終わり、クランクを本組みしていきます。

a0248662_0494788.jpg
a0248662_0495516.jpg

ビッグエンドジャーナルはドライブ側、タイミング側ともに状態よく41.24mm
ビッグエンドメタルもコンロッドナットを規定トルクで締め付け、ともに41.26mm~41.27mmでクリアランス0.02mm~0.03mm程度なので問題なくこのままいきます。


a0248662_050823.jpg

クランクの芯の振れも0.02mm程度で問題なし。


a0248662_0504818.jpg
a0248662_0505728.jpg
a0248662_051762.jpg

a0248662_0512199.jpg
a0248662_0514150.jpg

クランクシャフトのベアリングを組み付け、仮組み、スラスト量計測。
0.55mmで少々多め。
マニュアル値は0.07mm~0.4mmとなっているので、0.3mmのシムを製作しスラスト量0.25mmに。


a0248662_0523512.jpg

コンロッド、スラッジチューブ、フライホイールボルトをクランクに組み付け。

a0248662_0525027.jpg

クランクケースを組み付ける前にハイギアを組みつけておくことを忘れずにっと。

a0248662_053733.jpg

カムシャフトも忘れずに組み付けドッキング。
次回は仮組みが終わっている、タイミングギア、ギアボックスをどんどん組んでいきます。


a0248662_0542911.jpg





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-01-16 01:43 | 1982TRUMPH T140ES | Comments(0)


<< 土曜の授業風景      日曜日の授業風景 >>