Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 09日

1960 VELOCETTE VIPER プライマリー周り取り付け

今日はギアボックスが組み終わったベロセット・バイパーのギアボックス搭載、プライマリー周り組み付けです。

a0248662_041479.jpg

ギアボックスマウントでもあるリアエンジンプレートをギアボックスに取り付け。
車体右側のプレートだけ付ける。

a0248662_044934.jpg

a0248662_051076.jpg

フレームに仮止めし、車体左側のプレートを取り付ける。

a0248662_053624.jpg

ギアボックスピボット部のボルトは予め差し込んでおく。


a0248662_0827.jpg

a0248662_081714.jpg

ついでにオイルタンク、チェックバルブ清掃。残念ながらフィルターは入っておらず。
ベロのオイルタンクについているタイプのチェックバルブはオイルが吸われることでバルブが開くため、頼りないスプリングが付きます。ですので当然オイルは落ちます。かといって加圧される部分のバルブではないので、強いスプリングを付けたくない。あまりいい仕組みではないですね。


a0248662_091517.jpg

という訳でギアボックス搭載。

a0248662_094276.jpg
a0248662_095875.jpg

チェーンカバーを取り付ける前に耐油コルクでガスケット製作。
ついでにねじ修正。

a0248662_0101694.jpg

チェーンカバー固定スクリューを取り付け、回り止めでワイヤリング。

a0248662_0103256.jpg

a0248662_0104875.jpg

元々付いていたクラッチスラストベアリングのレース部分は大分段付きに減っていたので新品に交換。

a0248662_011462.jpg

a0248662_0111778.jpg

クラッチチェーンホイール、ベアリングも交換。
計測するとチェーンホイールの内径が小さく、ベアリングに対し嵌め代が0.14mm。
試しに圧入してみると嵌め代がきつ過ぎベアリングが回らなくなります。


a0248662_0113250.jpg

a0248662_0114888.jpg

クラッチチェーンホイールを旋盤に銜え、スプロケット部分で芯をひろい内径拡大。
ベアリングに対し0.03mm~0.04mmの嵌め代に。

a0248662_012184.jpg

a0248662_012158.jpg

圧入しちゃんと動くようになりました。

a0248662_0123335.jpg

クラッチ組み付け。
フリクッションプレートは元々付いていたもの、スチールプレートは錆びていたため交換。

a0248662_0125354.jpg

a0248662_013711.jpg

スチールプレートの凸部分の入りっぷりが悪かったので、少々修正。
ここの入りっぷりが悪いと、クラッチを切ったときに空回りする場合があります。


a0248662_0141262.jpg
a0248662_0143465.jpg

スラストピンも交換しクラッチ取り付け。
面倒なベロのプライマリー調整ごとのお話はまた次回。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-01-09 03:01 | 1960 VELOCETTE VIPER | Comments(0)


<< 1955FL1200 スモール...      1960 VELOCETTE ... >>