Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 07日

1960 VELOCETTE VIPER ギアボックス組み立て

修理依頼のベロセット・バイパー。
メインシャフト1stギアブッシュスリーブギアブッシュの製作が終わりギアボックスを組みたてていきます。

a0248662_0251131.jpg

a0248662_0253342.jpg

シーリングワッシャーを付け、スリーブギアベアリング交換。

a0248662_0255331.jpg

a0248662_026553.jpg

メインシャフト・レイシャフトベアリング交換。

a0248662_0263985.jpg
a0248662_0264968.jpg

クラッチオペレーティングカップの位置チェック。
元々入っていたシム5枚を入れ仮組み。オペレーティングカップがベアリングに干渉していないことを確認。


a0248662_0295413.jpg

a0248662_0273370.jpg

a0248662_0274693.jpg

a0248662_0275786.jpg

キックスターターハウジングのガスケットを製作し、レイシャフト仮組み。
スラスト量はは0.2mm程度で良好。


a0248662_0281570.jpg

a0248662_02830100.jpg
a0248662_0284047.jpg

メインシャフトも仮組みしてスラスト量チェック。
メインシャフトだけのスラスト量は0.1mm程度だが、メインシャフトベアリングがハウジング内で少々動いてしまっているようだ。今回はシムを製作しベアリング位置を固定し解消する。


a0248662_030865.jpg
a0248662_0301855.jpg

ギアセレクター周り組み付け。
ベロのセレクター周りの仕組みは小スペースで非常に優れていると思います。このあたりが駄目なものはあまり見ないです。しかしながら、戦後のベロはギアボックスが大きくなるので小スペースこのシステムの有難味が半減。元々外に出ていたシフターチェンジのリンケージをギアボックス内に収納したために、ギアボックスが大きくなったのでしょう。おかげで、シフトチェンジ周りのガタは本当少ないです。
戦前などのシフターチェンジが外にでているベロのギアボックスは、ブッシュを交換しても、すぐガタが出てしまう、弱点なのですね。


a0248662_0303417.jpg

a0248662_030443.jpg

ギアやシャフトは問題なしで組み付け。

a0248662_0305662.jpg

という訳でギアボックス完成。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-01-07 01:09 | 1960 VELOCETTE VIPER | Comments(0)


<< 1960 VELOCETTE ...      KNUCKLE HEAD イン... >>