Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 05日

明けましておめでとう御座います。

今年の年末、年始は随分暖かかったですね。
という訳で、年末はケイヒンキャブに交換したHさんのショベルヘッドのセッティング&試乗でした。
その模様をダイジェストで。

a0248662_0164660.jpg
a0248662_016599.jpg


a0248662_0171824.jpg
a0248662_0172848.jpg

e-bayで手に入れた上物ケイヒンバタフライ。
各部清掃後、フロートレベル調整。インテークマニホールド合わせ面、インマニ側、ボディー側ともに面研。


a0248662_0174718.jpg
a0248662_0175952.jpg

マニホールドシールは後期方のイカリングタイプに。

a0248662_0181568.jpg

a0248662_0182916.jpg
a0248662_0185359.jpg

アイドルアジャスタースクリュー製作。

a0248662_019858.jpg

で試乗。
インマニからの2次エア吸いはないものの、抜けが良いマフラーのためか、ガス薄めの感じ。
パイロットJETを大きめに。

a0248662_0204056.jpg

a0248662_0205591.jpg

で気になっていたところを手直し。
抜けかかっていた、プラグホールのヘリサートコイルは入れ直し。

a0248662_021128.jpg

アイドリング時、チョボチョボと加速ポンプからガソリンでてしまっている。
振動でロッドがダイアフラム押してしまっています。
ダイアフラムのスプリングを強くするか、ロッドも短くするか。今回は少々ロッドを短くしました。

でまた試乗。
走行はまったく問題なし。しかしアイドリング時(バタフライ全閉時)クシャミをする。
もうこれはあれだな。

a0248662_0214066.jpg

a0248662_0215149.jpg

a0248662_022532.jpg

ってことでサーキットブレーカーチェック。
写真左が純正のもの、右が社外のもの。社外のものはサーキットブレーカーカムとガバナーウエイトに隙間があり、ガタになっています。そのため遅角時に点火が不安定になっていたのでしょう。
純正のものはガタ無しです。

a0248662_0221847.jpg


a0248662_0223174.jpg

という訳で、点火時期を合わせ試乗。
クシャミは止まり問題なし。
良かった良かった、これで無事年を越せると思っていたら、大掃除中にぎっくり腰。寝たきりの正月休みに・・・。まぁ休み中でよかったか。
という訳で皆様、今年も宜しくお願いします。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-01-05 01:12 | 1976FX1200 CHOPPER | Comments(1)
Commented by Fです at 2016-01-05 07:22 x
明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします!まさかの隙間だったんですね汗 今回、色々と勉強になりました。ぎっくり腰お大事にしてください


<< KNUCKLE HEAD イン...      今年最後の授業 >>