2015年 12月 23日

1960 VELOCETTE VIPER スリーブギアブッシュ製作

修理依頼のベロセットのギアボックスオーバーホール作業。
まずはスリーブギアのブッシュ製作。

a0248662_23291939.jpg

スリーブギア内径、メインシャフト外径を計測し、適正な嵌め代、クリアランスになるように作ります。
メインシャフトは変な磨耗なく状態良し。

a0248662_2330131.jpg

a0248662_23302284.jpg

a0248662_23304950.jpg

全長74mmあるブッシュは穴開け、中グリ、切削と時間がかかりますな。


a0248662_23311274.jpg

a0248662_2331328.jpg

ハイスでおいる溝の刃を作り溝切り。

a0248662_23315721.jpg

ギア側にオイル穴が開いていますので、位置を合わせ穴あけ。オイル溝と合うようにする。


a0248662_23321011.jpg

a0248662_23322811.jpg

圧入しホーニングで完成。オイルをつけヌターッとガタなし。




38VELOCETTE KSS MKⅡ

a0248662_23331124.jpg

a0248662_23332277.jpg

こちらも修理依頼ののベロセット。
クラッチにオイルがつき滑り気味になったので、オイルがついたまま改めてクラッチ調整し試乗。滑り無くO.K。
プラグの焼け色も良く、これでオーナー様に引渡し出来ます。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-12-23 01:33 | 1960 VELOCETTE VIPER | Comments(0)


<< 1960 VELOCETTE ...      月曜日の授業風景 >>