Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2015年 12月 14日

1976XLCH1000 プライマリー周り組み付け

今日はZ君のアイアンスポーツ。プライマリー周り組みつけのお話。

a0248662_0343647.jpg



a0248662_034587.jpg

まずはキックスターター周り。
溶接モリモリで駄目だったスプロケットカバーは新品に交換。
そのためキックシャフトの左右軸受けブッシュの位置関係が変わったため、現物で少々ラッピング。

a0248662_035148.jpg

クラッチスプロケットスペーサー(スターターラチェットブッシュの受け)はストックしていた良品と交換し、ガタ良好。ギアも問題なし。

a0248662_0355447.jpg

a0248662_0362616.jpg

キックシャフトのでっぷりはシムで調整。出過ぎるとクラッチシェルと干渉し、出が少ないとスタータークランクとケースが干渉します。
クラッチハウジングを仮止めしチェック。


a0248662_0363755.jpg

a0248662_0374094.jpg

a0248662_0372082.jpg

クランクスプロケットシャフトシール付け、フレームに腰下搭載。

a0248662_039213.jpg

クラッチハウジングベアリング交換。

a0248662_0393594.jpg

クラッチスプリング取り付け長を調整するスペーサーはSTDサイズ。

a0248662_0394699.jpg

スチールディスクの曲がりチェック。問題なし。
クラッチ周りは以前に修理しているようで状態良し。

a0248662_040525.jpg

a0248662_0401621.jpg

スプロケットシャフトナットはやられていたので新品に交換。
ねじ修正し取り付け。

a0248662_0403250.jpg

チェーンアジャスターの螺子もやられていたのでヘリサート加工。


a0248662_041885.jpg

クラッチハブを規定トルクで締め付け。

a0248662_041302.jpg

a0248662_0415214.jpg

クラッチ周りを組みつけ。
大きな2本のスプリング(アウターとインアー)と同じ長さのクラッチスペーサーでスプリング取り付け長を決めている71年以降のクラッチは細かな調整いらず。

a0248662_042593.jpg

a0248662_042186.jpg

スプロケットシャフトナットも規定トルクで締め付けプライマリー周りO.K。




今日のスイーツ

a0248662_1322337.jpg

卒業生Sさんからの差し入れ。
コンビニスイーツのレベルがどんどん上がっている中、やっぱりお菓子屋さんのお菓子は一味違う。
「チーズ大福」 冷たいレアーチーズ的なチーズが大福さんに。甘すぎずGOODです。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-12-14 01:42 | 1976XLCH1000 | Comments(0)


<< 1982TRUMPH T140...      1980XLH1000 ネック... >>