2015年 12月 07日

日曜日の授業風景

今日はBSA A65 DAY 2台並ぶのは珍しいです。


a0248662_2191486.jpg


a0248662_219282.jpg

a0248662_2193915.jpg

仮組み中のクランクと分解前のクランク。





1971 BSA A65

a0248662_2110265.jpg



a0248662_21101967.jpg



a0248662_21104819.jpg

TさんのBSA、クランクスラスト調整。
パーツで出ているシムの厚みは、0.27mm、0.13mm、0.08mm マニュアルでは0.04mm~0.07mmに調整しろとある。なかなかタイトですな。
前回ダミーベアリングを使いスラストチェックをしたところ随分とガタが多かったため、パーツリストに載っているシムリテーニングカップ(カップ型しているワッシャー)を入れ調整したもののうまくいかず・・。
単品製作した厚めのシムを使い、組み合わせ0.05mmのスラストに。
実際に使うベアリングを入れたらどうなるかしら。


a0248662_21112115.jpg

タイミングギア周り仮組み
新たに手に入れたクランク、カムブッシュのクリアランスはシャフトに対して0.05mm程度だったのでそのまま使うことに。シャフトを入れケースを組みクルクルチェックをすると少々渋みがあったので、少々ラッピング。
カムギアとアイドラギアを仮組みし、バッククラッシュチェック。トラに比べるとバッククラッシュが少ないギアです。カバーを付けまたクルクルチェックすると一部渋いところが。ラッピングが必要か。






1968 BSA A65

a0248662_211233100.jpg

NさんのBSAは車体周りの分解作業

a0248662_21124411.jpg

60年代のスイングアームはラバーブッシュなのね。

a0248662_21125611.jpg

目で見てずれていたスイングアームは計測すると左右で6mmのズレ。要修正です。

a0248662_2113963.jpg

スタンドもやり直さなければ。

a0248662_21132344.jpg

ブレーキ周り
ライニングは張替え、ブレーキカムのピボット部のガタはフロント、リアともに良好。

a0248662_21133815.jpg

スプロケットさんは交換。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-12-07 08:57 | その他 | Comments(0)


<< KNUCKLE HEAD シ...      1980XLH1000 オイル... >>