Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2015年 12月 02日

1933 SUMBEAM MODEL8 コイルスプリング化計画

大分ストップしていたM君のサンビーム・コイルスプリング化計画です。
もともとMODEL8のバルブスプリングはコイルスプリングのモデルなのですが、以前にヘアピンスプリング(MODEL80使用)に変えられていたものです。このヘアピンスプリングに随分と苦労したのでコイル使用にします。

a0248662_038153.jpg

a0248662_0382647.jpg

というわけでなんやかんやと製作。
バルブガイドは鋳鉄製でヘッド側ガイドホールにあわせプラス嵌め代分の外径。
内径はバルブステムにあわせIN・EXそれぞれプラスクリアランス分で製作。


a0248662_0384690.jpg

バルブはRテックさんで単品製作。
中古のバルブを参考に、ステム径は3/8”(9.5mm)ハーレーのリーマーを使えるように馴染みのあるサイズ。コッター溝もハーレーのコッターを使えるように整形してもらう。


a0248662_0385947.jpg

バルブスプリングリテーナー(ロワー)も新たに作ったガイドの唾部分にあわせ単品製作。白田工機さんにて。

a0248662_0391389.jpg

バルブスプリングも製作。
中古のコイルスプリングを見本に少々弱めにするため線径細め。


a0248662_039345.jpg

というわけでガイド圧入。
もちろんハーレー用の工具が使えます。

a0248662_0394716.jpg

スプリングリテーナーもばっちり。

a0248662_0395798.jpg

取り付け長を計測して次回、リーマー加工後、シートカット・擦り合わせして組み立てです。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-12-02 01:05 | 1933 SUMBEAM MODEL8 | Comments(0)


<< 1960 VELOCETTE ...      KNUCKLE HEAD バル... >>