2015年 11月 23日

土・日の授業風景

1980XLH1000

a0248662_22363787.jpg
a0248662_22364966.jpg
a0248662_2237542.jpg
a0248662_22371683.jpg

a0248662_22372982.jpg
a0248662_22381385.jpg

a0248662_23423474.jpg

Iさんのアイアンスポーツ。
ケイヒンキャブのフロートレベルを調整。実際のガソリンを入れチェック。フロートのガソリンの止まりっぷり、加速ポンプチェック。





1974NORTON COMMANDO

a0248662_2239180.jpg
a0248662_22391574.jpg

Aさんのノートンコマンドはキャブセッティング。
試乗、ジェッティングを繰り返す。




1971XLH900

a0248662_22393293.jpg
a0248662_22394344.jpg

a0248662_22395826.jpg

a0248662_22405473.jpg

卒業生K君のアイアンスポーツは低速、アイドリング不良で修理。
約3年でインマニのシールリングがやられました。でシール交換。
Oリングタイプのシールからフラットタイプのシールに交換する場合に使うアダプターリング(V-TWIN製)は外輪が大きくそのまま使うとインマニバンドを締めた際にしっかりシールされなかったり変形したりします。
外輪を削り使用。
タペット調整もして無事復活。





1976XLCH1000

a0248662_22414232.jpg

a0248662_22415314.jpg

a0248662_22443515.jpg

Zくんのアイアンスポーツ。
シリンダーヘッド面研磨したためシリンダーのインロー部の凸部分とヘッドの凹部分が干渉してまいました。
シリンダーの凸部分が4.5mmに対しヘッドの凹部分は4.2mm程度。
実際にシリンダーとヘッドを組みヘッドとシリンダーの隙間を計測すると、大きいところ0.4mmの隙間があります。ジェームスのSTDの銅ガスケットは厚み0.4mm。これでは組んだときにほとんどつぶれません。
ジェームスのカタログにはこのガスケットは、ほとんどつぶれない的な数値が書かれていますが、少々心配なので厚めのガスケットを使います。




1968BSA A65

a0248662_22452013.jpg

a0248662_22453590.jpg

a0248662_2247198.jpg

a0248662_22472575.jpg

NさんレのBSAは車体周りの分解作業。
ネックベアリング側はやはり駄目。アッパー側もレースとフレームがスポスポ。
動かなく嫌な予感がしたフロントフォークは錆つき固着。
ダンパーチューブ、シールが付いているスリーブナット、ブッシュアウターチューブすべて錆で固着でこいつの分解で時間を費やす。あの手この手でどうにか分解。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-11-23 00:22 | その他 | Comments(0)


<< 月曜日の授業風景      38VELOCETTE KSS... >>