Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2015年 11月 21日

38VELOCETTE KSS MKⅡ プライマリー周り組み付け その2

a0248662_135955.jpg

今日は修理以来のベロセットのお話。
干渉ポイントが盛り沢山のベロのプライマリー周り。仮組み、クランキングを繰り返し組み付けていきます。

a0248662_1352829.jpg
a0248662_1353868.jpg

a0248662_1355324.jpg

まずは前回仮組みした時に、プライマリーチェーンが何処かで干渉していた問題。
犯人はダイナモベルトカバーマウントのスタッドナットとチェーン連結部のクリップさん。
スタッドとスタッドナットを薄くし解消。


a0248662_136698.jpg

プライマリーチェーンの干渉は無くなり、クラッチを切った際にアウタープライマリーカバーがクラッチプレッシャープレートと干渉することも無くO.K。(クラッチの切れが悪いベロはここが干渉している場合がある。)


a0248662_1363078.jpg
a0248662_1364146.jpg

ダイナモベルトカバーも組み付け。ここも盲点で良く干渉してしまっている。
インナーダイナモベルトカバーはプライマリーカバーのマウントスタッドとマグネトーマウントのバンドに共留め。
バンド止めされているダイナモはシャフトがボディーに対しエキセントリックになっていて、ダイナモを回転させることでベルトの張り調整するのですが、一本のバンドで止められているため、スラスト方向にもダイナモがマウントできてしまいます。インナーベルトカバーもバンド留めなので、ダイナモとインナーベルトカバーは自由にマウントでいてしまいます。
とりあえずは、エンジン側のプーリーとダイナモ側のプーリーが平行になるように位置決め。

a0248662_1365699.jpg

a0248662_1371163.jpg

a0248662_1372929.jpg

でアウターダイナモベルトカバー取り付け。
以前にクランクシャフトとダイナモプーリーが干渉していた跡があるので、光明丹をつけてチェック。
干渉しているようなら、インナーカバーをスライドさすかシム調整って感じです。


a0248662_1374648.jpg

a0248662_138573.jpg

a0248662_1381593.jpg

プライマリーチェーンの遊び調整。
スプロケットを新品に変えたのでもちろん着つくなっています。
ミッションプレートにマウントされているボルト、上2本、下1本を緩め、アジャスターで調整。
このマウントボルトを緩めるのと、アジャスターを回すのが困難・・・おまけにしたのマウントボルト部にオイルホースがある為時間を費やす。


a0248662_1383365.jpg

リアドライブチェーンは干渉無しでO.K

a0248662_1385149.jpg

エンジンオイル、ミッションオイル交換。
で忘れていた、ミッションのなめていたドレンボルトは真鍮さんで製作。はずしやすいように頭は長めにしてあります。このボルトはBSP1/8-28(配管ボルト) 1/4Wのレンチで緩みます。


a0248662_1394777.jpg

というわけでエンジン始動。
エンジンのかかりも良くアイドリングも安定しています。
試乗しようと外を見ると既に真っ暗。バッテリーを付けライト周りをチェックするとなんだかおかしい。配線もちゃんと見なくてはなりません・・・・。というわけで試乗はお預け。また次回。

by sgf1906 | 2015-11-21 02:25 | 38VELOCETTE KSS MKⅡ | Comments(0)


<< 土・日の授業風景      1955FL1200 シリンダ... >>