Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 28日

1982TRUMPH T140ES スイングアーム

Nさんのトライアンフ。
エンジン周りは加工待ちで車体周りの作業に。


a0248662_8471645.jpg
a0248662_8472631.jpg
a0248662_8473764.jpg

でスイングアームから。
トラの750と同じオイルインフレームのスイングアーム。
フレームの中心にある軸の両サイドにスリーブ、位置決めのディシタンスピースが入り、ピボットボルトが入りフレームのマウントプレートで締結。フレーム側に締結されたスリーブ上でブッシュが入ったスイングアームが動く仕組み。

仮組みすると、ピボットボルトを締めれば締めるほどスイングアームの動きが渋くなる。
フレーム両サイドのプレートが薄いためピボットボルトを締めていくとハの字に曲がり、ディスタンスピースとスイングアームが干渉しているようだ。



a0248662_8475231.jpg
a0248662_84837.jpg

ピボットボルトを締めたときに、フレームのマウントプレートの平行が保たれていなければならないにで、両サイドのディスタンスピースの厚さが問題と判断。オーバーサイズディスタンスピース単品製作。


a0248662_848164.jpg
a0248662_8482665.jpg

ピボット部のスリーブは錆びていたので新品に交換。


a0248662_8485290.jpg

仮付け。
ちゃんとピボットボルトを締め付けても動くようになりました。


a0248662_849263.jpg
a0248662_849174.jpg

ゴムのダストカバーをつけ本組み。
スイングアームO.Kさん。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-10-28 09:12 | 1982TRUMPH T140ES | Comments(0)


<< 平日の授業風景      週末の授業風景 >>