Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 24日

1950 陸王VF1200 バルブタイミング&エンンジン完成

Tさんの陸王。
シリンダーが乗り、バルブタイミングチェック。以前シリンダー・ピストンを付ける前に、逆算して計ったバルタイはまったく間違っていました・・・。こちらが正解です。
やはりピストン・シリンダーを乗っけないと正確な数値は出ませんね。

a0248662_1143812.jpg


a0248662_1145174.jpg

陸王の1200ccはハーレーのVLとまったく同じ。ハーレーVLの数値を元にチェックしていきます。
まずこの年式のバルブタイミングは度数では無く、ピストン位置で表記されています。
そのためまず、このピストン位置を度数化する作業から。

a0248662_1152774.jpg
a0248662_1165250.jpg

アフタートップとビフォアートップの数値はピストン上死点位置からの移動距離。
アフターボトムとビフォアーボトムの数値はピストン下死点位置からの移動距離なので、上死点位置と下死点位置を計っておきます。
そこからピストン位置を度数化すると・・・

IN OPEN BT 9/32"~13/32" BT30°~35°
IN CLOES AB7/8"~1-1/8" AB60°~70°
EX OPEN BB5/8"~7/8" BB40°~50°
EX CLOES AT1/4"~3/8" AT30°~35°

となります。



a0248662_117784.jpg
a0248662_1171823.jpg

バルブクリアランスをチェッキングクリアランス 0.1mmにセットしてバルブにダイヤルをセットしバルブタイミング実測。

FRONT
IN OPEN BT 35°
IN CLOES AB 60°
EX OPEN BB 50°
EX CLOES AT 35°

REAR
IN OPEN BT 35°
IN CLOES AB 60°
EX OPEN BB 55°
EX CLOES AT 35°

よい感じ。私のVLDもほぼ同じ数値です。

a0248662_1544390.jpg

a0248662_1553014.jpg

a0248662_1554462.jpg

点火タイミングはBT5/16”位置で30° タイミングホールに棒印がきます。
ポイントギャップを0.5mmにフル進角位置でポイントが開き始める位置にするのですが、陸王には位置決めアジャスターが付いていません。(VLにはアジャスターボルトがある)
ストッパー位置でほぼ出ているのですが、正確にはワイヤーで調整するしか無いでしょう。


a0248662_1173533.jpg

バルブクリアランスをランニングクリアランス IN0.1mm EX0.15mmにして。

a0248662_1174499.jpg
a0248662_1175459.jpg

a0248662_118101.jpg

ネジ周り修正しヘッド組みつけ、エンジン完成です。





a0248662_1183315.jpg

昼間は加工依頼、加工の相談にRテックさんに。最近は週1のペースで行ってるな・・・。






1938 VELOCETTE MAC

a0248662_1203991.jpg

a0248662_1184787.jpg

卒業生Sさんのベロセット・マック
急に愛知県からベロセットで遊びに来ました。300Km以上走りほぼオイル漏れも無く優秀です。
ガーターフォークにリジットフレーム、350ccシングルエンジン・・・疲れただろうな。
明日試乗させてもらいます。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-10-24 02:24 | 1950 陸王VF1200 | Comments(1)
Commented by 陸T at 2015-10-25 00:26 x
ついに完成、ありがとうございます!
あらためて明日にでも電話させて貰います。


<< 週末の授業風景      平日の授業風景 >>