Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 27日

1953FL1200 卒業

Nさんのパンヘッド完成・卒業!
ということで、ブログを見直してみると「1953FL1200」にあまり書き込んでないことに気がついたのでダイジェスト的にお送りします。

今回の車両は腰上とミッションのみのオーバーホール作業でした。
トリニティー時代は、ほぼフルオーバーホール作業でひとつひとつ駄目だしをしながらの作業でしたが、独立開業し幅を広げる為に、レストアスクール、修理依頼でも部分修理を受けるようになりました。
生徒さんの意向や時間・金銭的な関係から部分修理コースをするようになったわけですが、部分修理の難しさを知りました。
車両や年式による構造、部品の違い。以前の修理のされ方や消耗具合など、分解しない部分は、オーナーさんとの口頭でのやり取りや、今までの経験則での想像で考えなくてはなりません。
今回も色々と考えもよらぬトラブルがありながら、勉強させて貰いました。
また、一人でやる修理作業の場合頭を抱える問題でも生徒さんと共にやるスクールの場合、とりあえず笑えることが出来ました。



a0248662_0171968.jpg




プライマリー周り

a0248662_0192155.jpg

a0248662_020195.jpg

a0248662_019424.jpg

a0248662_0201763.jpg

ミッション取り付け後、プライマリー周り取り付け。
段つきが酷かったクラッチハブ、ベアリングローラーは新品に交換。
クラッチは面研をして取り付け、クラッチ調整。

走行しミッション、クラッチ問題無し。




シリンダー・ヘッド取り付け

a0248662_022616.jpg

a0248662_02193.jpg

a0248662_0212783.jpg

シリンダー・ピストンは状態良く、リング交換・シリンダーホーニングのみ。
ヘッドはマニホールド取り付け部分を平行にして取り付け。
規定締め付けトルク弱で取り付け。




タイミングギア周り

a0248662_022345.jpg

a0248662_0224513.jpg

問題だったのはカムカバー。
今回クランク、タイミングギア、オイルポンプを含む腰下部分はやる予定は無かったのですが、このエンジンはケースには53の打刻、しかしながらエンジンは63年以降のアウトサイドオイラーのもの、カムカバーは62年以前のカムカバーが付いていました。
つまり、今までヘッドにオイルが行っていなかったと思われます。なんとなくプッシュロッド側から行っていたのか?
ともあれカムカバー交換。

a0248662_0225888.jpg

でオーナーNさんが手に入れてきた社外カムカバー。
この新品カバーで面白かったのがピニオンブッシュはシャフトに対しクリアランス0.05mm程度で作られているのですが、カムブッシュはシャフトに対し0.1mm以上大きめで作られています。
ポン付けできるようにあえて大きめに作られているのでしょう。
ケースを割らないかぎり、カムブッシュ交換、調整が出来ないのでコイツはこのままで行くことに。
部分修理のジレンマを感じつつ、しょうがない様子を見よう。

a0248662_027934.jpg

カムスラストチェックをして組み付け。
これが後、悪夢に。


a0248662_0293371.jpg

a0248662_0294998.jpg

a0248662_030325.jpg

エキパイがヘッドに斜めについていたため、エキパイを曲げ調整しマフラー取り付け。
パンヘッドのエキパイ取り付け部がやられていることは多いです。




エンジン始動。
アイドリングは安定しているものの、エンジンの始動性が悪い。
不安だったカム周りからの異音も無く一安心。


a0248662_0321294.jpg

a0248662_0322770.jpg

a0248662_0333810.jpg

組み付け前に清掃しているものの、改めてキャブチェック。
パイロットジェットに頑固なカーボンが付いていました。フロートレベルのも再チェック。セッティングし直しパイロットジェットは番手を上げる。
私はあまり好きじゃない割りタイプのインマニバンドでしたが、2次エアは問題無し。


a0248662_0283190.jpg

a0248662_0352966.jpg

で前回にお話した事件。
試乗を何回か試乗を済まし、問題なしと思われたがエンジンがロック気味で止まる。
カムスラスト不足でカムシムが抱きつきました・・・。
スラスト量調整の際にカムカバースクリュー締め込み不足で、本組みした際にスラストが無くなっていました。
私の指導足らずで落ち込みました。







色々と問題がありながらも無事完成。
この後、慣らし、増し締め、オイル交換、もろもろ微調整ごとはありますが、問題なく普通に乗れるお気楽パンヘッドになりました。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-09-27 09:27 | 1953FL1200 | Comments(0)


<< WL スモールエンドブッシュ      1950EL1000 >>