2015年 09月 26日

1950EL1000

エンジン持込で入学したMさんのパンヘッド。
購入したパンヘッド(EL)が調子が悪いということから分解。で左右マッチングケースではないことが判明し、オークションでFLのクランク&ケース購入。
というわけで、うちに2機持ち込み。

a0248662_0465290.jpg

a0248662_0473165.jpg

折角なのでFLとELのクランク比較。

a0248662_0474926.jpg
a0248662_0475987.jpg

a0248662_0481322.jpg

ストローク量が違うので勿論クランクピン位置が違います。
写真上がEL、下がFL
クランクシャフトから距離はELは約44.5mm FLは約51.0mm 
クランクピンもELとFLでは違う。



a0248662_0482546.jpg
a0248662_0483757.jpg

面白いのが、フライホイール内側のウエイト部分の厚みが違い、ELのほうが薄い。
ドライブ側、タイミング側ともにフライホイールの厚さは同じ。
30年代のELは少々薄いという話ですが、私は見たことが無い。


a0248662_0485410.jpg

a0248662_1125424.jpg

a0248662_113590.jpg

クランクケースはELもFLも同じ。
しかしながら、新たに購入したマッチングしているケース、スプロケットシャフトベアリングレースの鋳込み部分が動いてしまっている・・・。こいつは使い物にならない。
マッチングしていないケースは状態が良さそうなので、コイツを加工して使う予定。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-09-26 01:29 | 1950EL1000 | Comments(0)


<< 1953FL1200 卒業      1973XLH1000 エンジン分解 >>