2015年 09月 20日

VELOCETTE THRUXTON エンジン組み付け、車体周り修正

今日は昨日に引き続き、修理依頼のベロセット・スラクストンのお話。
エンジン組み付けていきます。


a0248662_21593067.jpg



a0248662_2201643.jpg

a0248662_2203576.jpg

a0248662_2205036.jpg

シリンダースタッドボルトはすべてネジ修正、頭のマイナス部分が駄目になっていたスタッドは新品に交換。
他のスタッドのマイナス部分も少々修正。
でシリンダーとヘッド組みつけ。
スラクストンのプッシュロッドチューブはネジ止めではなく、ぶっさすだけ。シーリングはOリング。


a0248662_221463.jpg

a0248662_2211568.jpg

スラクストンのヘッドにはスタッド部のオイル漏れ予防、Oリング溝が始めからありました。
大体潰れてしまうワッシャーは45Cのものにして、ヘッド締め付け。締め付けトルクは27N.m。



a0248662_223118.jpg



a0248662_223259.jpg

カムギアに印されている位置でカムタイミングチェック。

a0248662_2235736.jpg

a0248662_224882.jpg

このプッシュロッドはシックネスゲージでタペットクリアランス調整ができないので、アジャスターネジの緩めっぷりで調整します。
このアジャスタースクリューは5/16”-26山
26山ということは1インチ(25.4mm)に26山あるということなので、アジャスタスクリューを1周回すと0.97mm、1/8周で0.12mm移動するということになります。

チェッキングクリアランスは IN1.34mm EX1.32mm なのでクリアランス0地点からスクリューを1-3/8周緩めたところでチェック。


マニュアルだとIN OP 45° BT   IN CL 55° AB   EX OP 65° BB  EX CL 35° AT
実測値     IN OP 50° BT   IN CL 50° AB   EX OP 65° BB  EX CL 35° AT

インテークは5度程度ずれていますが良いでしょう。


a0248662_225119.jpg

a0248662_2251359.jpg

カムタイミングが問題なかったところで、点火タイミング調整。
ポイントギャップは0.3mmにあわせ進角位置上死点前38度位置でポイントが開き始めるところに調整。


a0248662_2253462.jpg

タペットをランニングクリアランス IN0.15m EX0.2mm にあわせ、オイルラインなどをつけ、エンジン完成。



a0248662_2262037.jpg

で車体周りのお話。

a0248662_2263939.jpg

ミッションマウントとフレーム、エンジンケースを共留めるボルト。このボルトはフレーム側にねじ山が切ってあるのですが、ここのネジがナメ気味ということで・・・。ここのボルトは留めずらいからな。
確かのボルトはネジを回さずとも1/3程度入ってしまう状態。

a0248662_2265468.jpg

とりあえずタップを立ててみると、ねじ山はいけそう。

a0248662_2273369.jpg

a0248662_2275153.jpg

a0248662_2281566.jpg

元々入っていたものより直径が0.2程度太いボルトを製作。
O.Kちゃんとネジは利いています。

a0248662_2284323.jpg

組み付け前のケースを仮組みして、問題なく組めるかチェック。



a0248662_2291560.jpg

もうひとつの依頼、メーターギア交換。
元々ついていたギアがやられ動かなくなっています。
アクスルシャフトを締め付けると渋くなるのでカラーの問題か。

a0248662_229413.jpg

新品のギアを組み付けてみると、やはりアクスルシャフトを締め付けると動きが渋くなる。
カラーの厚みが足りずにギアがホイールに押し付けられてしまうのでしょう。
このカラーを製作しようと考えたものの、絶妙な距離を出すのが大変なことと、焼きを入れなければいけないということで断念。

a0248662_2211954.jpg

元々ついていたギアにもカラーとあたる位置にシムがついてます。
このシムが潰れてギアがやられてしまったのでしょう。

a0248662_2210837.jpg

というわけでシム調整。
なんやかんや探していたら、アイアンのカムシムがドンピシャ。以前に作ってあった厚めのものがあったので好都合。結局0.8mmのシムを入れてO.Kです。


a0248662_22102435.jpg

スラクストンさんのうちでの作業はここまで。
イヤー生スラクストンは格好良いですな。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-09-20 00:47 | VELOCETTE THRUXTON | Comments(0)


<< シルバーウィークの授業風景      VELOCETTE THRUX... >>