2015年 09月 19日

VELOCETTE THRUXTON エンジン各部チェック

修理以来のベロセット・スラクストン
クランクのスラスト調整が終わり、まずタイミングギアのスラスト調整。

a0248662_23294089.jpg
a0248662_23295131.jpg
a0248662_2330151.jpg

ベロセットのギアトレインはインターメディエイトギアを動かすことで、バッククラッシュ調整が出来ます。
面倒臭いアイアンの4カムギア周りと比べると非常に優れている構造です。
インタメディエイトギアを動かし、カム側、ピニオンギア側ともに全周でほのかにクリアランスがあるぐらいにします。詰め過ぎるとギア鳴りの原因になります。




a0248662_23301987.jpg
a0248662_23302985.jpg

a0248662_23304095.jpg
a0248662_23304981.jpg
a0248662_2330595.jpg

オイルポンプを取り付け、オイルの回りっぷりチェック。
カムカバーを仮組みして、フィードラインからオイルを流しクランキング。
ヘッドに行くオイルライン、ビッグエンド部、リターンに無事オイルが通る。



a0248662_23312236.jpg

a0248662_074581.jpg

ピストン計測。
少々クリアランス多めですが、今回は腰下メインでの修理ということもあり、オーナーさんと相談し、ピストン・シリンダーはこのまま使います。



a0248662_23313855.jpg

a0248662_2331492.jpg

a0248662_2332161.jpg

ヘッド周りも一応チェックのため分解。
EX側のバルブガイドはオイルがいくように内側にテーパー状に加工されています。
はじめてみました。
もちろん計測、ガイド穴中心部は0.05mm~0.06mm程度、出入り口(外側)は0.09mm程度で次回はやらなくてはいけないでしょう。


a0248662_23324451.jpg

a0248662_2333827.jpg

a0248662_23331992.jpg

清掃し、ねじ周りは修正。


a0248662_23334446.jpg

バルブシートの状態は良く。カットは必要無し。
少々当たりが悪い部分があるので、擦り合わせ。

a0248662_23335681.jpg

a0248662_23341435.jpg

a0248662_23342731.jpg

a0248662_23344250.jpg

a0248662_23345463.jpg

あたり幅1.3mm~1.5mm程度で良好。
あたり位置も良いです。



a0248662_23351339.jpg

a0248662_2335254.jpg

ヘアピンスプリング。
スプリングの支持部分はガタが無くなおかつ、スプリングがスライドしてくれなくてはいけません。
ここも一応チェック。固着無く、ガタ無く良し。



a0248662_23353660.jpg

a0248662_23354749.jpg

バルブを取り付け、次回はエンジン組み付けのお話。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-09-19 00:07 | VELOCETTE THRUXTON | Comments(0)


<< VELOCETTE THRUX...      水曜日の授業風景 >>