2015年 09月 15日

1982TRUMPH T140ES カムブッシュ

今日はNさんのトライアンフ、カム周りのお話。

a0248662_243877.jpg

a0248662_245079.jpg

カムブッシュはそれなりのガタで交換することに。
カムシャフトはドライブ側20.59mm タイミング側22.17mmでほぼ減っていないと思われる。


a0248662_275754.jpg

a0248662_281165.jpg

ブッシュを抜き取り計測。
ケース側ブッシュホールはドライブ側、タイミング側ともに変形、楕円無く良好。


a0248662_25227.jpg

a0248662_255551.jpg
a0248662_261045.jpg

でブッシュ製作。
外径はケースに対し嵌め代0.03mm~0.04mm。
内径は圧入して縮む分も考慮し、シャフトに対し+0.05mm程度に。
タイミング側ブッシュの鍔部分は少々厚めにしておき、後でスラスト調整します。

a0248662_26359.jpg
a0248662_264560.jpg


a0248662_218158.jpg

a0248662_2182668.jpg

タイミング側ブッシュのオイル穴は、ケース側のオイル穴を実測し位置決めし穴あけ。

a0248662_2183963.jpg

a0248662_2185171.jpg

カムシャフトを仮組みしてスラスト量計測。
ブッシュ鍔部分を切削しスラスト量は0.2mmに。


a0248662_219316.jpg


a0248662_2192318.jpg
a0248662_2193214.jpg

a0248662_2194350.jpg

ケースを暖めブッシュ圧入。
シャフトとブッシュのガタは絶妙。


a0248662_2195639.jpg

a0248662_220836.jpg

a0248662_2201938.jpg

カムシャフトを入れ左右両ケースを合わせ、カムシャフトの回りっぷりをチェック。
渋いながらも回る程度。
これならラインりーミングする必要無しと判断し、ブッシュに磨き粉を付け擦り合わせ。
渋みが無くなったところで、オイルをつけ回す。ガタ無くトゥルトゥルに回ります。
最後にホーニングして終了。
今回のケース状態が良く左右カムブッシュ位置のラインが出ていたのでしょう。おかげでスムーズに作業がおわりました。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-09-15 02:51 | 1982TRUMPH T140ES | Comments(0)


<< 水曜日の授業風景      WL ENGINE クランクシ... >>