Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 12日

38 VELOCETTE KSS MKⅡ ミッション組み付け


今日は修理依頼のベロセットKSS MKⅡのミッション周りのお話。


a0248662_23575116.jpg

a0248662_235826.jpg

a0248662_23581553.jpg

ギアボックス、レイシャフトの2nd、3rdギアのブッシュのガタが多く、スラストも多かったのでブッシュ交換。
シャフトに圧入で留まっている1st、2ndギアをプレスで抜く。
固着しているのか、抜くのをやめてしまいたくなるぐらいの圧入がキツイ。


a0248662_23582531.jpg

a0248662_23583638.jpg
a0248662_2358471.jpg

それぞれ計測し、ブッシュ製作。


a0248662_23591973.jpg

a0248662_23592967.jpg

a0248662_2359394.jpg

ギア側にオイル穴が開いていますので、位置合わせをして、オイル穴とおいる溝を作る。

a0248662_2359504.jpg

a0248662_001145.jpg

それぞれギアにブッシュ圧入し、ホーニング。
シャフトとのクリアランスは余裕を持って0.04mm~0.05mm。


a0248662_002787.jpg

a0248662_004311.jpg

a0248662_005292.jpg

レイシャフトにドッグギア、2速、3速ギアを入れておき、1速、4速ギアを圧入。
ギアの入りっぷりで2速、3速ギアのスラスト量が変わります。スラスト量を確認しつつ圧入。
圧入がキツイ為、調整に少々苦戦。


a0248662_01899.jpg

a0248662_01243.jpg

a0248662_014585.jpg

ガタガタだったレイシャフトベアリング交換。
車上でやるため、押し込み冶具をつくり、ケースを暖め、圧入。
ベアリングとシャフトの入りっぷりも、ずずずっと入る感じで良し。もちろんガタなし。


a0248662_01572.jpg

組み付け。
まずはスリーブギアをベアリングに圧入。こちらも入りっぷり良し。
で、スリーブギアにはドッグギアが付いているのですが、そのドッグギアとスリーブギア(4速ギア)の間が合っているところと、ズレているところがあります。
ギアがずれているところで、レイシャフトギアを入れようとしても、ドッグギア部分が邪魔し入りません。
写真のように、4速ギアとドッグギアの間があっているところを下向き(レイシャフト側の向き)にして組みます。
ちょっと写真では解りづらいですね・・・・。

a0248662_02348.jpg

a0248662_024778.jpg

スリーブギアをベアリングに圧入語、レイシャフトASSYとメインシャフト2速、3速ギアとレイシャフト側メインシャフト側それぞれのシフターフォークをギアボックスに入れ、レイシャフトASSYをベアリングに差し込む。
車上でやったのは初めてで少々苦戦。
車体、左側から(プライマリー側)メインシャフトを差込み、シフターフォークシャフトを差し込む。


a0248662_03040.jpg

a0248662_031130.jpg

カバー側のメインシャフトベアリングも交換し組み付け。

a0248662_032114.jpg

スターターも付け、一旦仮組みして、ギアチェンジチェック。
問題ないので本組み。
という訳でギアボックス完成。キックギアが抜けなければ良いのだが。







1968XLH900

a0248662_034024.jpg

a0248662_035458.jpg
a0248662_041332.jpg

Sさんのアイアンスポーツ、修理作業も終わり復活!






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-09-12 00:43 | 38VELOCETTE KSS MKⅡ | Comments(0)


<< 土曜の授業風景      月・火曜日の授業風景 >>