Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 23日

WL ENGINE 分解・計測作業その2

今日はMさんのWL分解作業の続き。

a0248662_1974182.jpg
a0248662_1975116.jpg

まずはコンロッドの虫食いが酷かったベアリングレース。
とりあえずラッピングしてみて、虫食いがとりきれるか?
ちなみにMAXo.sのローラは+.001”で6.37mm。クランクピン直径25.35mm。クリアランス0.03mmとするとビックエンドレース内径が38.12mmで虫食いが無くならなくてはいけません。


a0248662_198288.jpg

残念ながらフロント、リア共に取り切れず・・・。レース交換します。

a0248662_1984112.jpg

a0248662_1992571.jpg

こちらはクランクシャフトベアリングレース。
こちらも虫食いが酷い。
スプロケットシャフト、ピニオンシャフト共に直径22.22mmとして、同じくMAXo.sのローラは+.001”で6.37mm、クリアランス0.03mmだとすると、レース内径34.99mmで虫食いがとりきれなくてはならない。

a0248662_1994822.jpg

a0248662_1910020.jpg

a0248662_19101072.jpg

a0248662_19102123.jpg

専用ラッパーを使いラッピング。
こちらも残念ながら駄目。レース交換します。

a0248662_19104522.jpg
a0248662_19105671.jpg

こちらはカムブッシュ。
状態が悪かったケース側ブッシュは全交換。
カムカバー側はピニオンブッシュだけ交換。

a0248662_19111311.jpg

a0248662_19112990.jpg

a0248662_19114185.jpg

a0248662_19115539.jpg

クランクケースブッシュホール、新品カムシャフトにあわせブッシュ製作。
オイル溝きり専用、ハイスバイトを使い溝きり。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-08-23 23:24 | WL ENGINE | Comments(0)


<< 月曜日の授業風景      1950 陸王VF1200 オ... >>