Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 22日

1950 陸王VF1200 オイルポンプ

今日は陸王のオイルポンプのお話。
1200ccの陸王のオイルポンプはハーレーVLの後期タイプのオイルポンプと同じものです。
トータルロスなので戻りが無く行きだけの機構。

a0248662_0185327.jpg


a0248662_0234311.jpg
a0248662_0235316.jpg

ウォームギア構造で#4カム(フロントEX)と連動しポンプが回ります。


a0248662_025953.jpg


a0248662_020264.jpg

a0248662_0203990.jpg

ボディーレフトサイドセクション
プランジャー構造となっているこのポンプの面白いところは、偏芯している傘がウォームギアと連動して回転し、ピストンを押す仕組みになっています。


a0248662_0253377.jpg

a0248662_026023.jpg

a0248662_026119.jpg

アクセルワイヤーと連動したカムがついてり、ハイスピード時のオイル量コントロールをしています。
アクセルを開けるとカムが傘を押し、より多くのオイルが行くようになります。


a0248662_0264698.jpg

こちらはロースピード時のオイル量調整。
シムの厚み(量)でオイル量を増やします。


a0248662_0304099.jpg

a0248662_031822.jpg

オイルポンプライトサイドセクション
オイルタンクから落ちてきたオイルはこの部屋に入り、プランジャーにより吸われ、加圧すし、それぞれクランクビッグエンド、チェーンオイルのオイル経路へ圧送する。

a0248662_0274656.jpg

プライマリーチェーンオイラーのオイル調整。
こいつもワッシャーの厚みで量調整。
ブリーザーとともにチェーンケース内を潤滑するのですが、トータルロスのこのモデルはリターンが無いため、ケース内にオイルが溜まれば、ブリーザーからオイルを吐き出すため、殆ど必要なし。
止める方向で調整。



a0248662_028062.jpg

ガスケットを製作し、組み付け。

a0248662_0282370.jpg

a0248662_112649.jpg

a0248662_1113016.jpg


ホースを取り付け、オイルを入れ行きっぷりチェック。
クランク30回転に一回の割合でオイルを圧送していきます。
アクセルが全開時全閉時、それぞれチェック。
やはり、サイドバルブエンジンでトータルロスのため、ロースピード時の圧送量は随分少ないが、ちゃんと行っているは確認。こりゃハンドポンプが必要ですな。

というわけでポンプチェックも終わり、タイミングギア、オイルポンプ周りも本組みして腰下終わりです。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-08-22 01:23 | 1950 陸王VF1200 | Comments(0)


<< WL ENGINE 分解・計測...      1947FL1200 バルブシ... >>