Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 15日

1950 陸王VF1200 タペット&バルブタイミング

今日は陸王のタイミングギア周りのお話。

a0248662_171435.jpg

まずはタペットとタペットガイドの計測。
#1~#3タペットとガイドは状態よく、クリアランス0.02mm~0.04mm。
#4タペットとガイドはタペットが減っており、クリアランス0.05mm~0.08mm。こいつはオーナーTさんと要相談。

a0248662_172887.jpg

タペットローラーはクリアランスが多いもので0.12mm。
ローラーにも虫食いがあるので全交換。

a0248662_173918.jpg

a0248662_175219.jpg

丸くカシメてあるピンを、エンドミルで平らにしてカシメを揉む。

a0248662_18447.jpg

a0248662_182044.jpg

抜き工具でピンを抜く。

a0248662_183241.jpg

陸王のローラーはベアリングではなく、鉄ブッシュでした。
まぁこれは減るわな。

a0248662_195738.jpg

a0248662_110962.jpg

a0248662_1102046.jpg

ローラーをつけピンをカシメる。
ピンとガイドが干渉しないように注意。


a0248662_1103943.jpg

ガスケットは製作。

a0248662_1112047.jpg

タペット、カムギアを仮組みしてバルブタイミング計測。

a0248662_1113322.jpg

この年式のサイドバルブは、ピストン位置でバルブタイミングが表記されています。
正確にはピストン、シリンダーを組んでから計測しますが、度数も測っておきます。

a0248662_1133698.jpg

a0248662_1124256.jpg

このモデルのタイミングマークは上死点マークは無く、点火タイミングだけ。
点火タイミングは上死点前30度なので、逆算し上死点位置を出す。
リア側はそこから45度ずらしたところで出ます。


a0248662_1141768.jpg

a0248662_1114763.jpg

マニュアルによるとチェッキングクリアランスは0.1mmとある。
この車両のタペットアジャスタースクリューは9/32”-32山。1インチないに32山ありますので、25.4mm÷32=0.793mm つまりアジャスターを1周まわすと役0.8mm動くことになります。
アジャスターを1-1/4回し0.1mmのクリアランスにする。

それぞれ計測。

a0248662_115501.jpg

a0248662_116113.jpg

F INの数値が20度程度おかしい・・・。
写真を見てもらうとわかりますが、印が解りづらい・・・。一ギアづらして下の写真が正解。

フロント IN OPEN BT15 CLOSE AB45 EX BB25 AT20
リア   IN OPEN BT15 CLOSE AB45 EX BB30 AT15

ってところか。


a0248662_1161642.jpg


次回はオイルポンプ組み付けです。




お知らせ

8月15日、16日はお休みさせていただきます。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-08-15 02:00 | 1950 陸王VF1200 | Comments(0)


<< 盆休み明け授業風景      火・水 平日の授業風景 >>