Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 06日

1950 陸王VF1200 クランク組み付け

今日は陸王1200のクランク組み付けのお話。

a0248662_14214243.jpg

a0248662_14221955.jpg

a0248662_14223526.jpg

a0248662_14225153.jpg

スプロケットシャフトベアリングのローラーゲージは随分磨耗していたので新品に交換。
ローラーはSTDサイズ6.35mmでベアリングクリアランスは0.03mm程度に。


a0248662_14231019.jpg

a0248662_14232186.jpg

カムギアスラストはカムカバーガスケットを製作し、計測。
このモデルはファイバー製のスラストワッシャーを使います。このワッシャー0.7mmと0.3mmのラインナップで、このワッシャーで調整できる程度、0.3mm程度のスラストで調整。

a0248662_14233794.jpg

a0248662_14234951.jpg

ピニオンシャフトは新品に交換。
カムギア・ピニオンギアを仮組みして回りっぷりチェック。引っかかり、抵抗無くよい感じ。

ピニオンシャフトとピニオンブッシュのクリアランスはクランク側0.1mm、カムギア側0.06mm。
(このモデルのクランクの軸受けはドライブ側ローラーベアリング、タイミング側ブッシュ)
マニュアルを見るとinner end of bushing .0045"(0.114mm) outer end of bushind .002"(0.05mm) bushing is taper reamed with special reamer
となっています。専用のテーパーリーマーを使い根元と先端でクリアランスを変えていたのですね。
というわけで、ピニオンブッシュは問題無しと判断しこのまま使います。


a0248662_1428375.jpg

a0248662_14282127.jpg

a0248662_1428353.jpg

クランクのスラスト量計測。
元々入っていたシムで状態良し。スラスト量0.15mm。コンロッドのセンターとケースの合わせ目に位置をチェック。

a0248662_14361251.jpg

a0248662_14353379.jpg

カムギアを組み今日はここまで。
次回タペット取り付け後、カムタイミングチェックします。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-08-06 14:57 | 1950 陸王VF1200 | Comments(1)
Commented by 陸T at 2015-08-09 17:59 x
毎度ですがありがとうございます。
エンジンの形に戻っていく様は感動的です。


<< 1978FXE1200  第一...      1982TRUMPH T140... >>