Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 31日

1955FL1200 シフト周り組み立て


今日はYさんのパンヘッド・T/Mシフターまわりのお話。
もともと付いていたラチェットトップから、メカニカルトップに交換。

a0248662_1014418.jpg

a0248662_10141613.jpg

まずはシフターアームブッシュ交換。
計測後、ケースに合わせブッシュ外径を少々研磨。

a0248662_10142638.jpg
a0248662_10143618.jpg

ケース暖め圧入、内径はホーニングでO.K。


a0248662_10145811.jpg

a0248662_1015896.jpg

冶具を使いシフターフォーク位置を調整。
元々付いていたラチェットトップのものは合っているが、新たに使うメカニカルのものは調整が必要です。


a0248662_10153172.jpg

カウンター側1速、2速位置のニュートラルポジション。
中心から、約0.5mm1速側にずれている。

a0248662_1016192.jpg

a0248662_10162442.jpg

1速、2速の位置。 2速の入りっぷりが悪い。


a0248662_1017870.jpg

メインシャフト側3速、4速のニュートラルポジション。
中心から3速側に約1mmずれている。

a0248662_10172723.jpg

a0248662_10174263.jpg

3速、4速位置。 4速での入りっぷりが悪い。



a0248662_10175513.jpg

a0248662_1018756.jpg

シフターフォークの調整シムで位置調整。
1速2速側はシムを一枚抜き、3速4速側はシムを3枚増やす。

ちなみにシムの厚みは約0.4mm。


a0248662_10183138.jpg

それぞれ、シフターのニュートラル位、1速、2速、3速、4速位置を出し計測。


a0248662_1019784.jpg

a0248662_10192249.jpg

a0248662_10193496.jpg

カウンター側N、1速、2速位置。それぞれ入りっぷり良し。


a0248662_10195139.jpg

a0248662_1020210.jpg

メイン側3速、4速位置も良し。


a0248662_10202940.jpg

シフターの組み立て。
47年以降のハンドシフト、シフターゲージ手前が1速のものは、ギアとアームがこの位置で組む。

a0248662_10204194.jpg

a0248662_10205372.jpg

シフトギアとドラムギアの位置も合わせる。

a0248662_1021690.jpg

a0248662_10211760.jpg

a0248662_10212982.jpg

メインドライブギアシールを圧入し、ミッション、シフトはO.K。

a0248662_10214294.jpg

後はキックのこいつをどうにかせねば・・・。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-07-31 10:49 | 1955FL1200 | Comments(0)


<< 1978FXE1200  エン...      1980XLH1000 クラン... >>