2015年 07月 18日

1950 陸王VF1200 クランク芯だし あともろもろ

今日は陸王のクランク芯だし。

a0248662_23511510.jpg


a0248662_23513742.jpg

まずはピニオンシャフトとスプロケットトシャフト締め付け。
マニュアルに規定トルクなどは記載されていないので、分解時に計測した締め付けトルク、1901N.mで締め付け。テーパーの利きも良し。


a0248662_23515981.jpg

Rテックさんで曲がり修正してもらったコンロッド。

a0248662_23523868.jpg

ハーレー製と陸王製のコンロッド、陸王製のほうが粘りがなかったとか・・・。

a0248662_23521576.jpg

フライホイール組み付け。
この年代のコンロッドはフロントがフォーク側、リアがナイフ側が組まれています。


a0248662_2353785.jpg

a0248662_23531741.jpg

a0248662_23532813.jpg

a0248662_23534757.jpg

このフライホイールはドライブ側(厚いほう)がタイミング側より小さいです。
その場いい左右の隙間をシックネスゲージで測っておき、それを目安にして、図Cの進行方向のシャフトの振れを調整します。
私の場合は、図Cの進行方向のシャフトの振れを調整した後に、図A、Bの縦方向の振れを調整します。

a0248662_23541468.jpg

左右フライホイールの隙間と幅を目安にして、偏心検査器でシャフトの触れを見つつ、閉めたり広げたり叩いたり。

a0248662_23544184.jpg

a0248662_23545549.jpg

クランクピンナットは最終的に200N.m+αで締め付け。
このへんもマニュアルには記載なく、もともとも随分緩く止まっていました。

a0248662_23551350.jpg

ドライブ側(スプロケット側)タイミング側(ピニオン側)ともにシャフトの振れ0.01mm程度に。








後はもろもろ製作もの


長江コンロッド・スモールエンドブッシュ

a0248662_2359375.jpg

a0248662_23575749.jpg

a0248662_23581165.jpg

a0248662_23582112.jpg

Hさんのスモールエンドブッシュ、コンロッド径、新たに使うピストンピンに合わせ製作。
程よいサイズのブッシュ材が間に合わず、太めの材料で製作。
圧入しやすいように、“案内”部分を作る。




ケイヒン用スロットルアジャスタースクリュー製作

a0248662_23591914.jpg
a0248662_23592863.jpg

a0248662_23593966.jpg

Hさんようのスロットルアジャスターを真鍮で製作。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-07-18 00:50 | 1950 陸王VF1200 | Comments(1)
Commented by 陸T at 2015-07-20 15:29 x
毎度ながら素晴らしいお仕事ありがとうございます!


<< 1992長江750 バルブ&バ...      1978FXE1200  KE... >>