Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 14日

ナックルヘッド バルブガイド加工

今日はオープンロッカー計画中のWさんのナックルヘッド、ガイド加工。
何時もは加工事は私がやってしまうのですが、今回は生徒さんであるWさんが自ら加工。
本当勉強熱心な方です。

a0248662_1304133.jpg
a0248662_1305395.jpg

バルブガイドを抜いたヘッド側のガイドホール傷、変形無く良好。
使うガイドはKIBBLE WHITH製の鋳鉄ガイドSTDサイズ外径16.36mm 


a0248662_1311824.jpg
a0248662_1312826.jpg

まずはガイドを両センターで旋盤に加え外径研磨して、ヘッド側ガイドホール内径+圧入代分の外径にします。
今回は0.01mm~0.02mmの研磨なのでペーパーで。


a0248662_132277.jpg

a0248662_1331274.jpg

a0248662_1321399.jpg

外径を加工後、専用の生爪にガイドを加え、内径をリーマー加工。
使うKIBBLE WHITH製のバルブステム径+クリアランス分のサイズまで内径拡大。
いきなり大きなサイズのリーマーで掘ると刃がくってしまう恐れがあるので、0.01mm~0.02mm刻みで掘っていきます。


a0248662_1334880.jpg
a0248662_1343030.jpg

インテーク側はオイルを吸わないように、テーパー加工。

a0248662_1344054.jpg

という訳でガイド加工終わり。
Wさん「いやーガイドを加工するのでも時間がかかるんですね。でも勉強になりました。」
それを分かってくれただけでも嬉しいです。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-07-14 02:02 | 1939EL1000 | Comments(0)


<< お知らせ      週末の授業風景 >>