Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 02日

1978FXE1200 ブレーキ周り組み立て

今日は修理以来のショベルFXEブレーキ。

a0248662_040993.jpg

a0248662_0403250.jpg

フロントダブルキャリパー。
分解清掃後、シール、パッド交換。

a0248662_0404113.jpg

パッドピンも錆びていたので交換。
ピンに段つきなどあるとパッドの動きが悪くなります。

a0248662_0441516.jpg

a0248662_041583.jpg

キャリパーブッシュとマウントスクリューも交換しガタ少なくよい感じです。
フローティングのキャリパーはここにガタがあると、ブレーキが斜めに減ったり、片べりします。また走行中にカタカタ動きウルサイです。

a0248662_0411853.jpg

インナーとアウターのキャリパーは一本のボルトで締結。
規定トルクで締め付け。

a0248662_0413862.jpg

a0248662_042594.jpg

リアのバナナキャリパーも分解清掃後、シール、パッド、パッドピン交換。
マウントピンも交換、R側のマウントブッシュは状態が良かったのでそのまま。

a0248662_0423396.jpg
a0248662_0424475.jpg

a0248662_0425466.jpg

a0248662_043640.jpg

a0248662_0432079.jpg

フロント、リアともにマスターシリンダーも分解清掃し、シール交換。

a0248662_0435315.jpg



a0248662_0444827.jpg

a0248662_0445887.jpg

a0248662_045923.jpg

フロントマスターシリンダー、キャリパーを取り付け、ブレーキオイルエア抜き。
錆々だったメッシュホースは交換し、純正タイプのものに。


a0248662_0452691.jpg

a0248662_0453662.jpg

a0248662_045465.jpg

リア側もキャリパーペダル、マスターシリンダーを付けエア抜き。

というわけでブレーキ周り終わり。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-07-02 01:11 | 1978FXE1200 | Comments(0)


<< 1978FXE1200  外装...      1970TRIUMPH T12... >>