2015年 06月 23日

月曜日の授業風景

KNUCKLE HEAD

a0248662_034681.jpg
a0248662_0322730.jpg

a0248662_0324164.jpg

a0248662_033227.jpg
a0248662_0331234.jpg
a0248662_0332762.jpg

ナックルヘッドで卒業生のWさんはオープンロッカーヘッド計画進行中。
バルブガイドでバルブスプリングカップを固定するナックルヘッド、カップとロッカーの干渉をチェックする為、中古バルブガイドを使い、カップ固定冶具を作り仮組みしチェック。
ナックルのロッカーアームシャフトはプッシュロッド側はロッカーボックスで固定され、バルブ側はヘッドに固定されます。そのためロッカーボックスとヘッドに位置関係はロッカーアームシャフトの長さで決まります。
しかしながらヘッドとロッカーボックスのマウントボルト(三本のボルトで止める)の位置関係により、ボルトが入らない、またはヘッド側のロッカーアームシャフトマウント部分が引っ張られる状態になるヘッドは多々あります。(この状態で組むと最悪ヘッド側にクラックがはいるのいでは。)
Wさんのヘッドも、F側は良かったのですがR側は0.6mm隙間が開いてます。こいつはシムで調整予定。





1982TRUMPH T140ES 

a0248662_0342217.jpg

a0248662_0343361.jpg

a0248662_034438.jpg

a0248662_0345790.jpg

a0248662_0352211.jpg

a0248662_0354884.jpg

a0248662_036084.jpg

a0248662_0361936.jpg

新入生Nさんのトライアンフは車体周りの分解作業。
ロッキードのキャリパー分解。ピストンは錆びてしまっています。
ホイールベアリング周り分解、リムもオフセットを計り分解。R側は随分オフセットされています。





1968XLH900

a0248662_0363618.jpg

a0248662_0365295.jpg

a0248662_037346.jpg

卒業生Sさんのアイアンスポーツ。
ツーリング中にリターンオイルホースがDチェーンに干渉しオイル放出、そのまま高速走行し白煙モクモクに。
開けてみると残念な状態です。
オーバーサイズピストンでボーリングすることに。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-06-23 01:09 | その他 | Comments(0)


<< 1938VELOCETTE K...      土・日曜日の授業風景 >>