Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2015年 06月 21日

土・日曜日の授業風景

1980XLH1000

a0248662_20481252.jpg

a0248662_20483856.jpg
a0248662_20485473.jpg
a0248662_20491064.jpg

Iさんのアイアンスポーツは引き続きトランスミッション仮組み作業。
カウンターシャフトを仮組みしてシムでスラスト調整。
カウンターシャフト4速ギアとシャフトの圧入が中途半端で4速ギアが内側に入りすぎると2速ギアの動きが渋くなる・・・。ここはスプラインとのガタが無く、ある程度フリーでギアが動いたほうが好ましいため、スプラインを少々研磨。




1939VELOCETTE KSS MKⅡ

a0248662_20492945.jpg

a0248662_20494435.jpg

a0248662_2050379.jpg

a0248662_20501363.jpg

Eさんのベロセットはスプロケット交換、Dチェーンを付け、スプロケットが付いた状態でのクラッチ調整。
その後ロッカーとバルブのクリアランス調整。マニュアル値は IN 0.15mm EX 0.25mm
その後ロッカーカバーのスタッド締め付けでナメ事件が・・・。





1976XLCH1000

a0248662_20504731.jpg

a0248662_2051389.jpg

a0248662_20511345.jpg

a0248662_20512711.jpg

a0248662_2052866.jpg

恐ろしいハンドルを持参したZ君のアイアンスポーツ。
74年から76年の純正タイプキャリパーオーバーホール後、リベット止めのブレーキパッド交換。
オーバーサイズフロントフォーク、蟷螂的ハンドルに合わせブレーキホース製作、エア抜き。





1976FX1200

a0248662_20523260.jpg

a0248662_20531387.jpg

a0248662_2053362.jpg

卒業生Hさんのシャベルヘッドは引き続きオイルタンク交換作業。
マウントカラー、バッテリー位置調整しつつ完成。





1993長江750

a0248662_2053598.jpg

a0248662_20541278.jpg

a0248662_20542977.jpg


久しぶりに登場の長江のHさん。
バルブガイドリーマー加工後、バルブシートカット&すり合わせ。
シリンダーとバルブガイドが一体である長江、クリアランスはバルブのオーバーサイズ(ステム径が太い)を使いクリアランス調整するのですが、大分焼きが入っているのか、ガイド部分のリーマー加工に苦戦。



a0248662_21272321.jpg








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-06-21 21:28 | その他 | Comments(0)


<< 月曜日の授業風景      1978FXE1200  ホイ... >>