2015年 06月 06日

1976FXE1200  スターター・プライマリー周り組み付け

今日は修理依頼のショベル・FXEのお話。

a0248662_23555124.jpg

a0248662_2356270.jpg

まずは、オルタネーター取り付け。
予めシム調整。

a0248662_23561668.jpg

元々エンジンオイルが供給され潤滑するショベルのプライマリーですが、オイルラインを止めプライマリー別体化します。

a0248662_23563219.jpg

インナープライマリー取り付け。
ミッションをフリーにしておき、まずエンジンとインナープライマリーを取り付ける。その後ミッションとインナープライマリーを取り付けて、ミッションの位置を決めてから、ミッションマウントナットを締め付ける。

a0248662_23564730.jpg

a0248662_2357048.jpg

HITACHIタイプのスターターモーター分解、清掃。

a0248662_23571195.jpg

コミュテーターは旋盤に銜え、ペーパーでカーボン除去。
セグメントの溝の清掃。

a0248662_23572420.jpg

ブラシの幅チェック、幅15.7㎜、マニュアルの最小値は11.1㎜なので問題なし。

a0248662_23574586.jpg

通電し、回りっぷりチェック。

a0248662_23575882.jpg

a0248662_2358105.jpg

スターターモーター取り付け。
Dチェーンでやらてしまうインナープライマリーのスターターマウント部には、ガード(チェーンスライダー的なもの)を取り付け。

a0248662_23585360.jpg

a0248662_2359785.jpg

a0248662_23592149.jpg

元々付いていたクラッチハブのスタッドは段付きが酷く、新品に交換し、規定トルクで締め付け。

a0248662_23593923.jpg

クラッチハブベアリングは、ニードルベアリングを使用。

a0248662_23595627.jpg

a0248662_001163.jpg

a0248662_002324.jpg

ラムチェットリテ-ナーを取り付け。
クラッチをきった際に、クラッチハウジングが横にスライドし、クラッチの切れを悪くするのをラムチェットリテーナーを取り付け、スライドを防止する。

a0248662_003848.jpg

コンペンセンタースプロケットナットを規定トルクで締め付け、プライマリー周り完了。



6月6日はモールトンサミット参加のためお休みさせて頂きます。
宜しくお願いします。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-06-06 00:40 | 1978FXE1200 | Comments(1)
Commented by ムラタ at 2015-06-14 17:44 x
ラチェットヘッドでビーム式トルクレンチは珍しいですね


<< Dynavector Moul...      1938 INDIAN CHI... >>