Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2015年 05月 27日

1963FLH1200 キャブ取り付け、エンジン始動・・・その先に

今日はSさんのパンヘッドのお話。

a0248662_8265855.jpg

オーナーが手に入れたOH済みのリンカートキャブは、分解し清掃・チェック。

a0248662_827212.jpg

a0248662_827359.jpg

a0248662_8274612.jpg

フロートは浮力が高いダッキーフロートに交換。
フロートレバーを曲げフロートレベル調整。

a0248662_8281888.jpg

a0248662_829828.jpg

インシュレーターを付け、車体に組み込み位置だし。

a0248662_8275770.jpg

a0248662_8292428.jpg

a0248662_8294384.jpg

スロットルはPOSH製のインナースロットルでスロットルを捻ると、ワイヤーが引っ張られるPULLタイプなので、スロットルレーバーコンバーションキットを組む。
リターンスプリングが強すぎるので、程よいものに交換。


a0248662_830759.jpg

ナメポイントであるサーキットブレーカーボルトの雌ねじ部分。
この車両は腰下をやっていまっせんので、対処していませんでした。
ねじ山が弱っていましたのでスタッド化。


a0248662_8302621.jpg

というわけでエンジン始動したものの、フロントヘッドのオイルラインからオイル漏れが・・・・。
シール不良かと思いきやクラックが・・・・。オイルラインのテーパーネジは怖いです。
一瞬逃避的思考か頭を過ぎりつつ、ヘッド分解しました。
溶接してクラックを埋めます。         つづく






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-05-27 08:51 | 1963FLH1200 | Comments(0)


<< 1978FXE1200  車体...      日曜の授業風景 >>