Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2015年 05月 16日

VELOCETTEプライマリー TAKE1

今日はお預かりしているベロセットのプライマリー周りのお話。

a0248662_8145386.jpg


a0248662_815827.jpg
a0248662_8151735.jpg

もともとついていたプライマリーカバーはモールディングタイプ。
溝が切ってあるラバーシールをアウターとインナーカバーに合わせ一週巻き、スチールのバンドで締め上げ、プライマリーをシールするというもの。
ラバーシールの溝に合わせてプライマリカバーの位置決めをするのが難しく、初めはあっていたとして動いているうちに、ずれていってしまします。


a0248662_8152993.jpg

新品でカバーが出ていましたのでプライマリカバーをボルトタイプにします。


a0248662_8154063.jpg

もちろん新品はボルトオンではありません。
粉体塗装がされている様で、肉厚でボルト位置が合わない。
ネジで位置決めをしつつ、少々加工。

a0248662_8155395.jpg
a0248662_816231.jpg

プライマリーガスケットは耐油ゴム入りコルクシールで製作。

a0248662_8161631.jpg

a0248662_8163193.jpg
a0248662_81639100.jpg

クラッチ調整、チェーン調整をして仮組み。

a0248662_8165278.jpg

a0248662_817435.jpg

アウタープライマリーを組みチェック。
クラッチを切ったときに、開いたクラッチプレートがアウタープライマリーに干渉してします。
これではクラッチの切れが悪くなってしまします。
プライマリーカラーにシムをいれ干渉しないところ探る。
アウタープライマリーを外に出しすぎると、ドライブチェーンと干渉する恐れがあるのでギリギリあたらないところ狙う。仮組み分解を繰り返す。

a0248662_8171642.jpg

a0248662_8172848.jpg

サイズが決まり、カラーを製作。

a0248662_8175027.jpg

調整ごとが終わり始動。
仮組み状態では分からなかったのですが、エンジンをかけると暴れたチェーンがどこかにあたっている音が・・・。もう一度分解しやり直しです。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-05-16 08:50 | 1960 VELOCETTE VIPER | Comments(0)


<< 週末の授業風景      平日の授業風景 >>