2015年 05月 03日

1980XLH1000 ネックベアリング

今日はIさんのアイアンスポーツ、ネック周りのお話。

a0248662_913435.jpg

a0248662_91435.jpg

a0248662_915311.jpg

a0248662_92461.jpg

a0248662_922959.jpg

アイアンスポーツのあるある、フレームとベアリングカップがスポスポでした。
カップを抜く前からフレームとカップに隙間があります。
計測すると上側はカップに対して0.1mm程度大きくなっているものの楕円は0.04mm程度
下側は大分広がっていて0.5mmも楕円です・・・・。僕が見てきた中で一番酷いです。


a0248662_924171.jpg

こりゃ、どうしようもないということでRテックさんで上下の芯を出してもらいボーリング。
始めの計画ではフレーム側をボーリングして、ネックカップの圧入部分を容射・研磨で太らせ圧入するつもりだったのですが、フレーム側は元のサイズより1mm以上大きくなっており、容射で太らせられる限度を超えています・・・。というわけでベアリングカップは単品製作することに。

a0248662_925728.jpg

元々ついていた純正のものと思われるカップと社外のカップ。

a0248662_934453.jpg

a0248662_94188.jpg

謎の加工がされていた純正カップには TIMKEN L44610 のベアリングレースが入っています。
こっちは正解。外径50.30mm

a0248662_943297.jpg

a0248662_935516.jpg

こちらは社外のカップ。
元々ついていたカップが加工されていたため、このカップを容射して使おうと思っていました。
レースは謎のものが入っています。外径50.02mmで調べてみたが規格が解らず・・・。
気がつかずコイツを使っていたら、ベアリングレースを交換する際に苦労していたでしょう。

ともあれ純正のものを参考にオーバーサイズカップを作ります。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-05-03 09:05 | 1980XLH1000 | Comments(0)


<< 1976XLCH1000 リア...      1950 陸王VF1200 コ... >>