2015年 05月 02日

1950 陸王VF1200 コンロッド・ビッグエンドレースラッピング

今日は陸王のコンロッドビッグエンド周りのお話。
楕円や虫食いが多かったベアリングレースをラッピングします。

a0248662_1331470.jpg

a0248662_1332949.jpg

まずはリア側(ナイフ側)から
虫食いなどはないものの、計測すると縦、横で0.02以上に楕円状になっており、レースの真ん中部分と端部分で0.04mmの差があります。逆樽状になっているのです。

a0248662_1334748.jpg

レースに対し与圧がかかる程度にラッパーを広げラッピング。
圧がかかっていないと(ガタがあると)真円に削れていきません。
圧が無くなったらすぐにラッパーを広げ、常に与圧がかかっている状態にします。

a0248662_134775.jpg

逆樽上に変形しているレースは苦労するのですが、うまくいきました。
楕円無くレース内径 38.125mmに。

a0248662_1351622.jpg

続いてフロント側(フォーク側)
こちらも縦横方向で0.04mm楕円に。2連になっているレースは左右で0.03mmサイズが違います。
ちなみにOHVモデルと違い古いサイドバルブはフロント側にフォークコンロッド、リア側にナイフコンロッドとなっています。
フロント側になるフォーク側はオイルが通る加工がされています。


a0248662_1352745.jpg
a0248662_1355866.jpg

リア側も苦労しつつも、ドライブ側レース、タイミング側レース共に38.125mmに。


a0248662_1362377.jpg

欠け虫食いがあったクランクピンはJIMS製新品に交換。

a0248662_1363455.jpg

ローラー径は6.35mm クランクピン径は25.4mmで
クリアランスはフロント、リアともに0.025mmに。

a0248662_1383558.jpg

コンロッドをつけフライホイールを仮組みして、コンロッドスモールエンド部の振れチェック。
フロント側(フォーク側) 0.9mm
リア側(ナイフ側) 0.25mm

というわけでビッグエンドベアリングO.Kです。 





1978FXS1200

a0248662_1385095.jpg


トリニティー卒業生のNさん
早いものでもう2年。軽整備、車検を済ませ、地元の大阪まで帰っていきました。
こっちでは高速道路巡航をほとんどしていなかったため、キャブセッティングをしながらの帰路であったようですが、無事到着し次の日にはFXで大阪の町を流したそうです。

大阪行ったときには宜しくです。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-05-02 02:17 | 1950 陸王VF1200 | Comments(1)
Commented by 陸T at 2015-05-03 15:45 x
いよいよクランク!
完成楽しみにしています。


<< 1980XLH1000 ネック...      1970TRIUMPH T12... >>