2015年 04月 29日

1970TRIUMPH T120 Fホイール

今日はKさんのトライアンフフロントホイール組み立てのお話。

a0248662_0512399.jpg

まずはホイールベアリング交換。ベアリングはシールドベアリングに。

a0248662_0514697.jpg
a0248662_051567.jpg
a0248662_052553.jpg

車体左側のベアリング。
グリスリテーナーを入れておき、ベアリング圧入しダストカバーを付けサークリップで止める。

a0248662_0523088.jpg
a0248662_0524486.jpg

車体右側のベアリングはベアリングサポートリングを入れておき、スピンドルとベアリングをハブに圧入。
リテーニングリングを締める。(リテーニングリングは逆ネジ)

a0248662_053862.jpg

スポーク交換
元々ついていたものは3種類で、車体左側はストレートのものが20本
車体右側はエルボ部分の角度がきつい物と緩いものが10本ずつの計40本
パーツリストを見るとエルボの角度が100度もの78度のものストレートのものと3種。

しかしながら新品スポークはストレートのものとエルボ角度が緩いものと2種で角度がきついものが無い。
バテット(エルボ部分が太くなっている)でもありません。

a0248662_0532730.jpg

仮に組んでみると外掛けのスポークは突っ張ってしまいイマイチ。

a0248662_054511.jpg

a0248662_0534177.jpg

元々ついていたスポークの角度を参考に修正。

a0248662_0545382.jpg

無事スポークを組み、振れ取り。
縦振れ、横振れともに1mm以内ってところでしょうか。

a0248662_0552567.jpg

a0248662_0553595.jpg







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-04-29 00:56 | 1970TRUMPH T120 | Comments(0)


<< 1950 陸王VF1200 コ...      土・日の授業風景 >>