Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2015年 04月 26日

1953FL1200 ロッカーアーム(ヘッド周り作業)

今日はNさんのパンヘッド・ヘッド周りのお話。

a0248662_19503728.jpg

上側と下側で0.05mm以上テーパー状になっていたリアエキゾーストのヘッドガイドホール。
うちでのリーマー加工では手が負えずアールテックさんに依頼し真円加工してもらう。
少々内径は大きくなったものの、無事真円に。

a0248662_195047100.jpg
a0248662_1951135.jpg
a0248662_1951121.jpg

ガイドホール径に合わせガイド外径加工。
kibblewhite製のMAXオーバーサイズ(外径14.99mm)のものを14.66mmまで切削。
ガイド内径も予めリーマー加工。

a0248662_19513657.jpg

ヘッドを暖めガイド圧入後、リーマー加工。
その後シートカット&擦り合せ。前回ブログにあげているので省略。


a0248662_19515817.jpg

インナースプリングを仮組みてバルブスプリング取り付け長チェック。
状態は良くシム調整は無し。

a0248662_19521888.jpg

a0248662_19523570.jpg

御多分に洩れずシリンダーヘッドボルト雌ネジ部分は歪んでいたので面研。

a0248662_1953247.jpg

ロッカーアーム&ロッカーアームブッシング。
ロッカーとブッシュのクリアランスは大きいところで0.09mmあったので加工。


a0248662_1956419.jpg

a0248662_1954961.jpg

a0248662_19533612.jpg

ロッカーアームの段つきがあったところは研磨し4本とも外径22.19mm
ロッカーブッシングは面研し内径ホーニングしてアームに対して0.03~0.04mmのクリアランスに。
アームのバルブとのあたり面も研磨。
こちらはすべてアールテックさんでの加工です。

a0248662_19562421.jpg

a0248662_19563630.jpg

ロッカーアームナットを規定トルク25N.mで締め付け、渋さやガタなくヌルりと動きます。


a0248662_19564798.jpg

こちらも御多分に洩れずナメていたロッカーカバーボルトをヘリサート加工し、ロッカーカバーを取り付けヘッド完成です。

a0248662_1957155.jpg







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-04-26 00:10 | 1953FL1200 | Comments(0)


<< 土・日の授業風景      1950 陸王VF1200 バ... >>