Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2015年 04月 14日

1980XLH1000 トランスミッション組み立て (シフター)

今日はIさんのアイアンスポーツ・トランスミッションのお話。
クラッチギアのブッシュとベアリング交換が終わり、トランスミッションを仮組みして、シフターフォークの調整。

a0248662_02778.jpg


a0248662_0271858.jpg
a0248662_0272698.jpg

まずはシフターカム・シフターパウル組み立て。
スプリング類は交換。

a0248662_0274180.jpg

a0248662_0275085.jpg

ドッグギア凸部分凹部分共にヤラレテいたカウンターシャフト3rdギアはアンドリュースのものに交換。

a0248662_028930.jpg

a0248662_0282659.jpg

a0248662_028435.jpg

ミッション組み立て。
順番はこんな感じです。

a0248662_0312156.jpg

a0248662_0313926.jpg

スライダーギアの位置をシフターフォークの長さを変えて調整します。

a0248662_029661.jpg

a0248662_0292088.jpg

メインシャフト・3速4速はまあまあ良いのですが、カウンターシャフト・1速2速の入りっぷりが悪い。
特に2速側の入りっぷりが悪いのでシフターフォークの長さを変え調整します。

a0248662_0344022.jpg

a0248662_034531.jpg

a0248662_035516.jpg

a0248662_0351685.jpg

a0248662_0352776.jpg

シフターフォークをノーマル(STD)のものから+.020オーバーサイズのものにします。
社外のシフターフォークは純正のものに比べ顎?の部分が太く、ギアがスライドする際に他のギアに干渉してしまいます。
純正のものを目安にして削ります。


a0248662_0363551.jpg

ここでひとつ問題が発覚。
新品に変えたアンドリュースのギア、カウンターシャフト3rdギアのドッグ凸部分と、元々付いていた2ndギアの凹部分が位置により入りが悪い。

a0248662_0365131.jpg

a0248662_0372872.jpg

良品の2ndギアと比べると、ドッグ凹部分が偏芯している・・・・。
ギア自体をチェックしてみるとギアは問題ない。
3rdギアを減っていない新品にしたことで発覚したのです。道理で元々付いていた3rdギアがへたっていた訳だ・・・。
こんな事もあるのですね。ともあれギア交換です。

つづく






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-04-14 01:10 | 1980XLH1000 | Comments(0)


<< 1970TRIUMPH T12...      授業風景 >>