Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2015年 04月 07日

1938 INDIAN CHIEF ミッション・クラッチ分解

今日はMさんのインディアンチーフ、トランスミッション分解のお話。

a0248662_8421315.jpg


a0248662_8422444.jpg

まずはクラッチ分解。
このクラッチはPULLタイプでリリーシングプレートが引っ張られることでクラッチが切れる仕組み。
アウタープライマリーカバーに螺旋状のスプラインが切ってあるスリーブが圧入されていて、そこでリリースウォームが回ることで引っ張られます。


a0248662_8424848.jpg

クラッチのリリースウォームにはスラストベアリングが付いています。

a0248662_843078.jpg
a0248662_843871.jpg

クラッチハブはメインシャフトにテーパー止め。
このハブは工具が引っかかるところが無いのでこの状態では取れない。
メインシャフトごと抜きます。

a0248662_8432868.jpg

a0248662_8434172.jpg

Dスプロケットを取り、クラッチスプロケットを止めているクラッチスプロケットナットを取り、クラッチハブ、クラッチスプロケットをメインシャフトと一体で抜きます。

a0248662_8435314.jpg

a0248662_8443100.jpg

これには特殊工具が必要。
クラッチスプロケットナットを専用レンチで固定。
クラッチスプロケットレンチを使い、クラッチスプロケットをまわし、ナットを緩める。

a0248662_8443298.jpg

こんな感じで抜けます。

a0248662_8475373.jpg

クラッチスプロケットの後ろにはプライマリーチェーンアライメント調整のシム。
この調整面倒そうだな・・・。

a0248662_8445633.jpg

a0248662_8451212.jpg

a0248662_8452578.jpg

シフターシャフトを抜き、スライダーギアを取る。
クリップを取っておき、カウンターシャフトを抜き取る。

a0248662_8454238.jpg

a0248662_8462485.jpg

でメインシャフトギア、カウンターシャフトギアが抜けます。
メイン側シャフト軸受けはボールベアリング、カウンターシャフトギアの軸受けはブッシュで、ハーレーのように面倒臭いバラのニードルローラーを使っておらず好ましい。

a0248662_8483211.jpg





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-04-07 09:17 | 1938 INDIAN CHIEF | Comments(0)


<< 1970TRIUMPH T12...      1980XLH1000 クラッチギア >>