Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2015年 03月 31日

1980XLH1000 ビッグエンドベアリング

今日はIさんアイアンスポーツ・ビッグエンドラッピング。

a0248662_23295421.jpg

分解時計測。

フロント側(ナイフ側)ベアリングレース内径は縦方向に0.01mm楕円。
リア側、ドライブサイドレース内径も縦方向に0.01mm楕円。
リア側、タイミングサイドレース内径も縦方向に0.01mm楕円でドライブサイドに比べ0.01mm大き目。
ピストンピンは段付き、傷、虫食い無く良好。
ローラーは両端が減り樽状にになっていました。


a0248662_2330464.jpg

a0248662_23302845.jpg

専用ラッパーを使い内径研磨。
フロント側、リア側ともに真円に。リア側のタイミングサイドとドライブサイドの内径を同サイズにすることに苦労すいる。


a0248662_23314673.jpg

a0248662_23304769.jpg
a0248662_23305719.jpg

ラッピング後内規計測。
F側は41.28mmに R側はタイミング側、ドライブ側ともに41.29mm。
オーバーサイズのローラーを組みクリアランス調整します。
ちなみにSTDサイズローラーは4.7625mm。オーバーサイズは.0002”(0.005mm)刻みであります。
クランクピン外径は31.72mm .0002”オーバーサイズローラー(実測値4.77mm)で
F側クリアランス 0.02mm R側クリアランス0.03mmに。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-03-31 00:00 | 1980XLH1000 | Comments(0)


<< 授業風景      憂うべき土曜日 >>