Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2015年 03月 10日

1938 INDIAN CHIEF カムブッシュ

今日はMさんのインディアン・チーフカムブッシュのお話。
カムシャフトに対し、0.1mm程度のガタがあった、クランクケース側のF・Rのカムブッシュ、カムカバーのFカムブッシュを交換します。

a0248662_2131931.jpg
a0248662_2133766.jpg

カムブッシュ抜き取り語、クランクケース側、カムカバー側それぞれ計測。
楕円や傷無く良好。

a0248662_2135528.jpg
a0248662_214562.jpg

カムシャフトは大分痛んでいたので交換。
カムシャフトだけでパーツが出るのがすばらしい!この新品シャフトに合わせクリアランス調整します。

a0248662_21596.jpg

まずはクランクケース側のカムブッシュ。
.005”オーバーサイズのブッシュを使います。

a0248662_2152188.jpg

まずはクランクケース側ブッシュホール径にあわせ外径切削。
クランクケース側ブッシュホール径+ハメ代分のサイズにします。

a0248662_2153832.jpg
a0248662_2155818.jpg

カムブッシュ鍔、カムフォロアーの“逃げ”部分を削る。

a0248662_2161576.jpg

オイル通路をあわせ圧入。

a0248662_217104.jpg

カムカバー側はブッシュ加工なしで問題なく圧入。
この時点でブッシュとシャフトのクリアランスは良いのですが、ケースとカムカバーを組んだ状態でと、カムシャフトが通らない・・・。

a0248662_2175225.jpg

a0248662_2181838.jpg

という訳で冶具をつくりラインリーミング。
インディアンのカムシャフトは段つきになっていた、ケース側、カバー側でサイズが違います。(ついでにフロントとリアでもサイズが違う)
特にリア側はケース側とカバー側の差異が0.15mm(片肉0.075mm)で冶具を作るのに苦労しました。


a0248662_2183123.jpg

a0248662_2184497.jpg

ラインリーミング後、カムシャフトは通るようになりましたが、少々動きが渋い・・・。
こちらもフロント用、リア用それぞれラップロッドを製作し少々ラッピング。

a0248662_2185454.jpg

ガタ無く、オイルをつけヌタリと動くようになりました。
カム周り作業、第一段階終了です。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-03-10 02:50 | 1938 INDIAN CHIEF | Comments(0)


<< 平日の授業風景      1953FL1200 バルブガ... >>