2015年 03月 08日

1947FL1200 バルブガイド

今日はIさんのナックルヘッド・バルブガイドのお話。
ガタが多かったガイドは抜き取り、計測し新しいガイドを入れます。

a0248662_23494856.jpg

0.03mm楕円だったリア・EXガイドホールは真円加工。

a0248662_235056.jpg
a0248662_23501885.jpg
a0248662_23502881.jpg

冶具をつくりリーマー加工。
使うO.Sバルブガイドに対しハメ代分小さいサイズのリーマーを通す。

a0248662_23505240.jpg
a0248662_2351542.jpg
a0248662_23511463.jpg

ガイドは予め、使うバルブステムにあわせ内径加工。
オイルを吸いやすいIN側のガイドの頭部をテーパー加工。

a0248662_23512582.jpg

バルブガイドを圧入。
ナックルはバルブスプリングカバー(カップ)がガイドと共止め、しかも4つのプリングカバーはそれぞれ専用なので、間違わぬよう。

a0248662_23514063.jpg

スプリングカバー、ガイドのガスケットはRテックさんから分けてもらった高級ガスケット。
グラファイト(石墨・鉛筆の芯などの素材)がコーティングしてあり、耐熱性、潤滑性が良いそうです。

a0248662_2352645.jpg

ガイドを圧入。

a0248662_2352345.jpg

ロッカーアームの通る穴を使いスプリングカバーの位置決めをしておきます。

a0248662_2353031.jpg
a0248662_23531181.jpg

EX側のスプリングカバースクリュープレートは予め入れておかないと、ガイド圧入後(スプリングカバーが入った後)は入らなくなるのでお気をつけを。

a0248662_23543543.jpg

a0248662_23544617.jpg

ハメ代分縮んだガイド内径をバルブステム+クリアランス分のリーマーを使い内径拡大。
シートカット・擦り合わせ後、ホーニングして完成です。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-03-08 00:24 | 1947FL1200 | Comments(0)


<< 1953FL1200 バルブガ...      平日の授業風景 >>