2015年 02月 28日

1978FXE1200 T/M分解・エンジン周り計測

今日はショベルFXEの作業経過

a0248662_0522194.jpg
a0248662_0523494.jpg

まずはトランスミッション分解。
ギア・シャフトとも問題なし。キックブッシュは少々ガタがあるか。清掃後計測。

a0248662_0533362.jpg

クランク周り計測。
コンロッドの振れ計測。スモールエンド部分の振れでビッグエンドローラーのクリアランスが大体予測がつきます。
F側0.9mm程度 R側0.2mm程度で良好。

a0248662_0534425.jpg

ビッグエンドサイドスラストは0.5mmで範囲内。

a0248662_0535664.jpg

クランクシャフトの振れはドライブ側0.03mm、タイミング側も0.03mmで芯出しが必要。

a0248662_0541073.jpg

ピニオンシャフト計測。

a0248662_0542525.jpg
a0248662_0543475.jpg

レース側楕円無く良好。ローラーはSTDサイズでクリアランス0.03mmで問題なし。

a0248662_0545179.jpg

ロッカーアームシャフトは段付き無し。ブッシュとのガタは少々、折角なのでブッシュ交換しておくかってところ。

a0248662_055247.jpg

バルブとバルブガイドのガタは問題なし。IN0.03mm EX0.04mm むしろEXは詰め過ぎか・・・。
こちらは両方再利用できます。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-02-28 01:11 | 1978FXE1200 | Comments(0)


<< 1976XLCH1000 スプ...      授業風景 >>